生活

秋の七草を教えて!簡単な覚え方は?

更新日:

春の七草はご存知の方も多いと思いますが「秋の七草」るのというのをご存知でしょうか?

秋になると、すすきを多くみかけるようになりますね。実は、このすすきも秋の七草のひとつです。

近年では、背高泡立草という、穂先が黄色く、名の通り背が高い植物の繁殖により、すすきとの“陣取り合戦”のような景色を多く見るようになりました。

そんなすすきも含む秋の七草について、今回は由来や簡単な覚え方もご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

秋の七草とは?意味と由来

出典:写真AC・キキョウ

春の七草といえば、「せり・なずな・ごきょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」です。

この七草を刻んで入れたお粥を食べることで、邪気を払い、万病を除くという意味があるそうですよ。

確かに、ほどよい塩味のお粥を食べると、何となく気持ちだけじゃなく、体も落ち着く気がします。

これに対し、秋の七草は「萩、すすき、葛、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、ききょう」となっています。

山上億良(やまのうえのおくら)の万葉集に登場(一部、桔梗の花があさがおの花になっています)し、その歌が由来とされています。

昔の人が、夏が終わり、秋が来たのを知らせる花を7つに決めて楽しんでいたそうです。

ちなみに、萩は地域(北日本と西日本)によって種類が違うようなので、旅先で見てみてはいかがでしょうか?

春の七草はお粥にしていただきますが、秋の七草は特にそれらを食べたりはしません。鑑賞するためであり「秋の七草がゆ」というものはありません。

確かに、なでしこやききょうの花は綺麗で、それを食べようとはなかなか思わないかもしれませんね。

秋の七草の簡単な覚え方は?

出典:写真AC・ハギ

春の七草は子どもの向けのテレビ番組でもリズムに合わせて紹介されています。

それに対し、秋の七草の歌は聞いたことがありませんね。まだまだ認知度は低いのかもしれません。

でも、せっかくなのでこれを機会に覚えてみてはいかがでしょうか?

ひよこママ

覚え方は「語呂合わせ」が一番簡単です、

よく言われている2つを紹介します。

その1:おすきなふくは?

(おみなえし・すすき・ききょう・なでしこ・ふじばかま・葛・はぎ)

その2:ハスキーなフク王

(はぎ・すすき・ききょう・なでしこ・ふじばかま・葛・おみなえし)

これを言えたからといって、そんなに得意気になれる訳でもないですが、日本独自の文化でもある、春の七草、秋の七草を覚えておくのもいいのではないでしょうか。

また、秋の七草を全部一緒に見ることは難しいですが、どれか一つでも鑑賞しながら少し冷たくなった秋の風を感じてみるのもいいですね。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-生活

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.