育児

暖房の設定温度は赤ちゃんがいる部屋はどれくらい?暖房のポイントは?

更新日:

ご出産おめでとうございます!家族に赤ちゃんが加わり、新米パパや新米ママは奮闘の毎日を過ごしているでしょうか。

初めてのことばかりで心配のタネが尽きないと思いますがその中でもお部屋の温度は調節が難しいものです。

冬はエアコンなどの暖房機器を使いますが、どんなことに注意したらよいのか調べてみました!

赤ちゃんは自分でうまく体温調節ができない

 

ママは産後の入院中にも言われているかもしれませんね。

新生児~生後8か月頃までの赤ちゃんは自分で体温調節をするのがうまくありません。

体から熱を逃がしたり、汗をかいたりという機能を担う自律神経が未熟な状態だからです。

そのため、寒い冬には暖房で室温を赤ちゃんが過ごしやすいように調整してあげる必要があるのです。

一般的に冬場の赤ちゃんにとっての快適な室温は18℃~23℃、湿度は40~60%がおすすめとされています。

ベビーベッドを使っているご家庭も多いと思います。室温計などを設置して確認するときは、赤ちゃんが実際に過ごす高さで測るようにしましょう。

暖かい空気は上へのぼっていくので、床の方との温度差が予想していたよりも大きくなっているということがあります。

暑すぎても脱水症状や熱中症、寒すぎても低体温症などになってしまうリスクがあります.

赤ちゃんが快適に過ごせているかこまめに確認して、その都度調節してあげましょう。

赤ちゃんがいる部屋で暖房を使う場合のポイント

では、赤ちゃんが過ごす部屋で暖房を使うときのポイントはどのようなものでしょうか。

1.暖めすぎに注意!

お部屋の暖めすぎは、脱水症状やあせもにつながりますし、乳幼児突然死症候群の原因にもなるといわれています。

お腹もすいておらずオムツを替えてもグズっているときは、室温が暑くないかチェックしてみましょう。

涼しい場所に抱っこして連れて行くと、気分が変わるので落ち着くことがありますよ。

2.着せすぎ、掛けすぎに注意!

室温などが適切でも、服をたくさん着せすぎや布団や毛布を掛けすぎは熱がこもって赤ちゃんは暑くなってしまいます。

赤ちゃんはバンザイの格好で寝ることが多いですが、布団から出ている手足が多少ひんやりとしていても、背中やお腹が温かければ大丈夫です。

逆に、背中やお腹に汗をじんわりかいていたら暑すぎるのかもしれません。

薄手のふとんに変えたり、服の枚数を減らしたりしてみましょう。

同じようにお腹がひんやりしていたら寒いのかもしれませんので、少し温めてあげましょうね。

3.暖房の熱源や温風を直接あてない!

エアコンやファンヒーター、ストーブなどの暖房器具を使うときには、熱や風が赤ちゃんに直接当たらないように設置しましょう。

また、赤ちゃんが触ってもやけどしない構造のものを用意しておくのがおすすめです。

赤ちゃんはあっという間に動く範囲が広がりますから安全なものを選んでおきたいですね。

また、湯たんぽや電気毛布、ホットカーペットなどの肌に直接触れるタイプは低温やけどのおそれがあるので避けておくのが無難です。

赤ちゃんは痛みに鈍く、大人より皮膚も薄いので重傷になってしまいやすいのです。

加湿器を上手に使う

今まで室温について伝えてきましたが、同じくらい大事なのが湿度です。

エアコンなどを使うとお部屋が乾燥しやすくなります。

それに冬場は外の空気もカラカラに乾いている日が多いですよね。

赤ちゃんはママから免疫をもらうので、風邪をひきにくいとは言われていますが完璧ではありません。

そもそもママがかかったことがない風邪の菌などにはかかってしまうこともあります。

赤ちゃんが体調を崩すのを防ぐ対策という意味でも、加湿器があるご家庭は存分に活用して快適な湿度を保ちましょう。

湿度がある程度保たれていると風邪などのウィルスの増殖も抑えられるので、赤ちゃんも含めた家族全員の健康管理にもなります。

とくに慣れない育児で寝不足なことも多く、パパやママも疲れから免疫が落ちてしまいやすいです。

ただし、中のフィルターなどが汚れていると逆効果になってしまうのでこまめに掃除をしてメンテナンスをしましょう。

加湿器を置いていないご家庭の場合は濡れたタオルを干したりして、なるべくお部屋が乾燥しすぎないように対策をとりましょう。

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんがいる生活は大変なことも多いですが、1日1日成長していく姿は見ているだけでも楽しいものです。

大人と赤ちゃんは感覚が違うので、室温管理には悩む方もたくさんいると思います。

しっかり我が子の様子を観察して、快適に過ごせる環境を作って元気に冬を乗り切りましょう!

-育児

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.