行事

鯉のぼりにしわがっ!のばしたいけどアイロンはかけられる?

更新日:

端午の節句の時期に立派に泳いでくれた鯉のぼり。

大切に長く使っていきたいものですよね。

保管している間に、しわが出来てしまった!なんてこともあるのではないでしょうか。

そんな時にどうすればよいのでしょう。鯉のぼりをきれいに収納する方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

しまい方が悪かった?しわしわの鯉のぼりをキレイにしたい!

鯉のぼりの生地はポリエステルやナイロン製のものがあります。

飾ろうと思って出してみたらしわしわになってしまっていたときはショックですね。

そんな時の対処方法として最初にアイロンをかけようとしないでくださいね。

生地が傷むことや金箔がはがれてしまうことがあります。

原則は洗濯表示のタグを確認し、それに従うのがベストです。

ついてしまったしわの程度にもよりますが、浴室などの適度な湿度がある場所に広げてつるしておくと、しわが目立たなくなることがあります。

スペースがあれば試してみてください。もしくは、飾るまでに時間の余裕があるならば、思い切って手洗いして、絞らず陰干しで乾かして使うという方法も考えられます。

また、洗ったり乾かしたりする際に洗濯機・乾燥機は厳禁ですのでご注意を!

アイロンがかけられるか素材を確認!不可のときはどうする?

一般的に鯉のぼりの素材はアイロンで高熱にさらされると、傷みや破損の原因になりやすいので、アイロンは避けた方がよいことが多いです。

ですので、洗濯表示のタグを確認してアイロン不可だったときにはアイロン以外でしわを伸ばすようにします。

一例として、上で紹介した方法→浴室などの適度な湿度がある場所に広げてつるしておくというのを試してみてもよいと思います。

もしくは、購入先がわかるならば、問い合わせをして、お手入れ方法を聞いておくと翌年以降にも役立ちますね。

最近では、様々な素材がありますので鯉のぼりでもアイロン可能なものもあるかもしれません。

アイロン可能な素材の場合も目立たない場所で当て布をして試しがけしてから使うようにすると安心です。

しわにならないように収納するポイント5つ!

しわが出来てしまったときの対応も大切ですが、収納する際にしわにならないようにしまっておくことも大切ですね。

収納する際には次の手順を参考にしてください。

1.汚れを落とす

・軽い汚れの場合は濡れタオルでこすらずに優しくふきとります

・落ちにくい汚れはぬるま湯に1時間ほどつけ置いてから、軽く押し洗いします

※どうしても汚れが落ちないときは中性洗剤をごく薄く溶かしつけ置きます

※漂白剤が入っているものは使わないよう、よく確認しましょう

2.しぼらずに水気を振り落とし、陰干しをします。

絞るとまた「シワ」になってしまいます。陰干しは色あせを防ぐためです。

3.口輪にワイヤーが入っているものは変形させないよう丁寧にたたみます。

※ベニヤ板などにキツキツに巻き、最後の部分をクリップで留めるとしわができにくいです。

4.防虫剤は入れず、買ったときの箱があればそれにしまいます。

しっかり乾燥させていればビニール袋にしまってもOKですが、隙間に押し込まれるとしわが出来るので、箱状の収納がよりオススメです。

※ナイロンやポリエステルには基本的に虫はつきません。

5.湿気が気になる場合は乾燥剤を一緒に入れておきます。

ドラッグストアなどに売ってあるものでOKです。

男の子が生まれ、健康に成長してくれることを願って飾る鯉のぼり。

ひな人形とは違い、「いつまでに片付けないといけない」という決まりはないようです。

片付ける際には、天気が良くて湿度が低く、適度に風がある日の朝を選んで行うと、洗濯から乾燥させるまでがスムーズです。

大きい鯉のぼりは下ろす作業も大変ですので、家族がお休みの日にみんなでやりましょう。

ナイロン製は約3年、ポリエステル製は約5年~8年が一般的な寿命といわれています。

正しい保管やメンテナンスを知って、きれいに長く飾って成長をお祝いしましょう。

-行事

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.