生活

猫が一番感じる味覚は?好きな味と嫌いな味は?

更新日:

ここ数年は猫ブームですね。

私は犬一匹と猫二匹を同時に飼っていたことがあるのですが、どちらも個性があって可愛かったですよ。

さて、そんな犬猫ですが、私の顔をよく舐めに来たものです。

犬は気にならないのですが、猫はザラザラしていて、やすりのようでした。

猫はよく毛づくろいをするので、ブラシ替わりになるように、遺伝的にあるのかな、なんて思っていました。

では、味覚はどうなのでしょう?

そこで、今回は猫の味覚について調べてみました。

スポンサーリンク

猫はどこで味覚を感じるのか?

猫の舌にはザラザラがあるとお話しましたが、これは「糸状乳頭」と呼ばれる突起です。

この糸状乳頭があるなら、味覚は敏感なのかな?と思いますが、実はそうではないようです。

猫の舌の中央部分は味覚を感じることができず、また、先端が「しょっぱい」両端が「すっぱい」

奥の中央部分が「苦い」の3つの味しか分からないそうです。

よって、「甘さ」と「辛さ」には鈍感です。

(ただ、甘さに関しては、最近は人間の食べ物に触れることが多くなっているため、猫により感じているのではないかという話もあります。)

また、しょっぱいの味覚があるにも関わらず、猫は塩味に鈍感と言われています。

元々捕えた獲物の体内に塩分が含まれていることから、あえて摂らなくても、というところも理由のようですが、不思議ですね。

逆に「苦み」には敏感です。

そのため、腐った肉に含まれる成分を苦いと感じることに長けているため、猫には食中毒のようなことが発症しないと言われています。

猫の好きな味

さて、次に、猫が好きな味って何でしょう?

甘味や塩味に鈍感な猫の舌は、人間ほど発達していないため、酸味は好きなようですが、主に匂いや食感で選んでいるようです。

確かに、高級キャットフードの封を開けると、いい香りがしてきますよね。

また、中にクリーミィなものが入っているものでも、外側はカリカリ食感となっています。

また、日本では「猫は魚が好き」というイメージがありますよね。

海に囲まれた土地柄、食文化もあり、そのようなイメージがついているようですが、諸外国ではそうではないようです。

実は、お肉の方が好まれやすいと言われています。

そして、新しい食べ物が好きな猫も多いようです。

同じキャットフードに飽きているようなら、たまに変えてあげるのもいいですね。

猫が嫌いな味

では、猫が嫌いな味はというと、やはり味覚がないとされる、辛み・甘味のあるもの、青臭いものが嫌いなようです。

またみかんも苦手みたいですね。

確かに、飼っていた猫はみかんの皮をむくと私のそばから離れていったような記憶があります。

酸味は好きなものではあるのですが、あの香りが苦手なようです。

猫の味覚についてお話しましたが、ウチの猫は豚肉を焼いた後にフライパンに残った脂身を喜んで舐めていましたし、牛乳も大好きでした。

やはり、人と同じようにそれぞれ好みがあるんですよね。

しかし、人間と同じものをあげてしまっては、塩分も強く、猫の体にはよくありませんから、栄養バランスの考えられたキャットフードをあげるようにしてくださいね。

猫ちゃんと長く楽しい生活をお過ごしください。

スポンサーリンク

-生活

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.