行事

こどもの日を子供向けにわかりやすく説明!由来は?

更新日:

5月5日はこどもの日ですね。ゴールデンウイークにも入っているため、大型連休の一つになっています。

ニュースでは各地でイベントの模様が放送され、楽しそうに過ごす子ども達の姿が印象的です。

さて子どもの日って一体何でしょうか?由来や子どもにわかりやすく説明するにはどう話したらよいか等ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

こどもの日の由来と意味は?5月5日の理由は?

出典:写真AC

こどもの日は以前は「端午の節句」と言われていました。

「端午」とは、月のはじめの午(うま)の日を意味しているそうで、昔の中国では、5月は縁起の悪い月とされ、「午(ご)」が「五」に通じることから、5月5日を端午の日として厄払いをするようになったということです。

さて、日本ではというと、5月の田植えの時期になると、田の神様を迎えて豊作を祈るため女の子が巫女になり、しょうぶで作った小屋に一晩こもって身を清めたそうです。

この中国と日本の風習が合わさり、武士の時代になると「菖蒲(しょうぶ)」が「尚武(しょうぶ)」に通じることから、男の子の節句となったそうです。

これが由来となり、1948年に制定され、国民の祝日となっています。祝日法によると

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」

ことが趣旨となっています。

こどもの日は何をする?

出典:写真AC

ではこどもの日には一体何をするのでしょうか?

最近は住居の事情などによりあまり見かけなくなりましたが、男の子の家では「こいのぼり」を飾ります。

滝のぼりをする鯉のいきおいに男の子の成長を重ねたものだと言われています。

また五月人形も、男の子のたくましい成長を願って勇ましい武者人形や鎧かぶとなどを飾ります。ちまきや柏餅も食べたりもします。

ちまきは食べると災いにあわないとされていて、柏餅はかしわの親葉は、枯れても新芽が育つまでは落ちないことから、「親が子の無事を願う気持ち」に通じると言われています。

また、お風呂では「しょうぶ湯」に入ります。強い香りで災いを払うとされているため、室町時代からしょうぶを浮かべたお風呂に入る風習が広がりました。

お風呂で柔らかくなったしょうぶを頭に巻くと賢くなるという言い伝えがあるそうです。

我が家も息子にしょうぶを巻きましたが、果たして賢くなったのか・・・。すぐには分かりませんよね(笑)

こどもの日の祝日だからといって、神社で祈祷とまではしなくても、こどもの成長に感謝してお参りに行くのはよいことかもしれませんね。

とは言っても、子どもたちは「子どもの日だー!!」とよく意味も分かっていないのに大喜び。

ありがたいことに最近では、各地でイベントを催していたり、動物園・遊園地が無料となったりと出かけずにはいられない感じですね。

さて「こどもの日」を子どもに分かりやすく説明するのであれば

「子どもが元気に育つよう願う日で、願いを込めて鯉のぼりや五月人形を飾ったり、柏餅を食べたりするんだよ」と話すと良いです。

我が家の幼稚園と小学校1年生の子どもに、由来である午(うま)の日などについて話したところ、二人とも「きょとん」としていましたが、このように話をしたら分かってもらえましたよ。

最近では、日本の伝統行事を見直すことが増えているようで、子ども向けに行事についての絵本も販売されています。

分かりやすく説明されていて、大人でも知らなかった事が意外と多くて面白いですよ。

いずれにせよ、子どもの日は親子で楽しく過ごせることが何よりではないでしょうか。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-行事

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.