季節

干し柿の意外な食べ方!あっと驚くメニューを3つ紹介!

更新日:

出典:写真AC

 

そのまま食べても美味しい干し柿ですが、最近ではその甘さや食感を生かした料理やお菓子など、様々な食べ方を多く見かけるようになりました。

(写真は干し柿とドライフルーツのビスコッティです)

そこで、今回はその中でも、私が見てビックリした意外な食べ方を3つご紹介したいと思います。

干し柿として食べる以外のあっと驚く意外な食べ方3つ

干し柿ですから、ドライフルーツとしてお菓子(パウンドケーキなど)に使用されていることは知っていたのですが、調べてみると、意外や意外、「こんな食べ方もあるんだ~」と感心してしまいました。

1つ目は「干し柿とクリームチーズの天ぷら」

作り方は、干し柿に切り込みを入れて、そこにクリームチーズを詰め、水で溶いた天ぷら粉にくぐらせて揚げるだけ。

食べたことのない組み合わせなので、是非作ってみたいと思いました。

2つ目は「生ハムと干し柿のおつまみ」

前菜的なものですね。干し柿とクリームチーズを生ハムで包むだけなのですが、この3つが合わさるとどういう味になるのか気になります。

3つ目は「柿チャーハン」

材料は、ご飯と柿の他に、玉ねぎ、ベーコン、たくあん、白ごま、塩、胡椒となっています。

失礼ながら、本当に合うのか疑問だったので、実際に作って食べてみました。上の写真がそのチャーハンです。

たくあんがなかったのと、彩的に少しぼやけていたので仕上げに小口ねぎを乗せました。

感想は「無理してそこまでして食べなくても」といった感じです(苦笑)

硬い柿は火を通すことで柔らかくなり、口のなかでゴロゴロといった食感はありませんし、ベーコンの塩と柿の甘さを感じられる一品です。

「そのまま干し柿を食べたほうがいいな」と思いました(あくまで個人的感想です。)

いつものチャーハンに飽きた方、干し柿が余って困っている方は試してみてはいかがでしょうか。

硬くなった干し柿を柔らかくする方法

出典:写真AC

干し柿を冷蔵庫に長く入れておくと、硬くなってしまうことがあります。切るのも料理するのも大変になりますよね。

細く切って、“なます”などに利用する方法もありますが、丸ごと使いたい場合は、砂糖水に漬けるという方法があります。

単にお水や熱湯に漬けてしまうと、甘味が溶けてしまい風味が損なわれてしまいます。

そこで、計量カップ1(約200ml)の水に砂糖を小さじ1杯の割合で溶かし、その溶液に干し柿を漬けます。

これで固くなった干し柿は大体柔らかくなるそうですよ。

食べ合わせなど

昔から「柿は体を冷やすから夜は食べない」と言われてきました。それにはちゃんと理由があったからなんです。

漢方では柿は“陰性”に分類されていて、体を冷やす食べ物とされています。

私は小さい頃、よく親から、「柿は体を冷やすから夜はいけません」と言われ、食べさせてもらえませんでした。

当時は「ただ単に私に食べさせたくないからだ!」と思っていました。

ちゃんと理由を言ってくれればよかったのに・・・。親も理由までは分からなかったのかもしれませんね。

さて、そんな体を冷やすとされる柿ですが、食べ合わせが悪いものとして、「カニ」があります。カニも体を冷やすことから一緒に食べると良くないと言われています。

また、同様に「そば」や「たこ」も冷やすことから、食べ合わせが悪いとされています。

それと、「さつまいも」や「じゃがいも」のイモ類は、一緒に食べると消化が悪くなったり、結石を形成しやすくなるため、組み合わせが悪いとされています。

この組み合わせを頭の片隅にでも置いていただれければと思います。

「体を冷やす食べ物」、とお話ししましたが、干し柿にはそもそも栄養が豊富で生の柿よりも優れている点が沢山あります。便秘解消にも効果があると言われています。

大量に食べなければ問題ないので「何でもほどほどに~」が大事ですね。

干し柿の栄養とすごい効能!便秘解消に効くってほんと?

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-季節

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.