季節

干し柿の正しい保存方法は?冷凍したらどのくらい持つ?

更新日:

冬にかけてスーパーや青果店で干し柿を見かけることが多くなりますね。

オレンジ色の綺麗なぷっくりとした状態の干し柿(あんぽ柿)もあれば、茶色で噛み応えのあるようなタイプのものまで、最近では沢山の種類があって選ぶ楽しみも増えました。

また、手作りする人もいると思います。手作りの場合だと、少しずつ作るのではなく、まとめて作るので大量の干し柿ができますよね。そんな干し柿を購入後、または手作りで完成した時に一気に食べる人は少ないと思いますし、そんなに沢山食べれませんよね?

そこで、今回は干し柿の保存方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

冷凍?冷蔵?常温?正しい保存方法は?

出典:写真AC

元々保存食として親しまれてきた干し柿ですが、実は常温で数日、冷蔵庫で一週間くらいしか保存できません。

水分の多いものとしっかりと干されているものでは、保存期間は違いますが、なるべく美味しい状態を保ちたいですよね。どう保存すればよいのでしょうか?

結論から言いますと、冷凍・冷蔵・常温のどちらでも保存は可能です。

スポンサーリンク

保存の仕方と日持ちについて

出典:写真AC

冷凍保存の場合は、一個ずつラップに包み、フリーザーパックに入れて冷凍します。空気を抜くように包むといいですよ。

におい移りを防ぐため、ビニール袋には入れないようにしてくださいね。冷凍することで、大体1ケ月から半年くらいまで日持ちします。

食べる際は、前日から冷蔵庫に入れ、自然解凍してお召し上がりください。沢山あって、消費までに一ケ月を過ぎてしまう方にはお勧めです。

冷蔵保存の場合は「とりあえず入れておけばいいか」とそのまま入れてしまうと、どんどん水分が蒸発してしまい、カチカチになってしまいます。

ですので、干し柿を紙袋に入れてからジップロックなどの袋に入れて野菜室で保存します。この場合、柔らかいもので大体一週間ほど持ちます。

そして、すぐに食べきる予定の人は常温保存でも大丈夫です。

その際は、一個一個をキッチンペーパーなどに包むか紙袋に入れ、風通しのいい冷暗所で保存してください。

包むことで多少は乾燥を防げますが、保存している間にも水分が飛んでしまいますので、お早目にお召し上がりください。2~3日くらい保存できます。

ただ、最近は多く見かける、オレンジ色が鮮やかで、トロっとしている「あんぽ柿」においては常温保存を避けてください

水分量が多いので腐ってしまう可能性が高いからです。あんぽ柿においては冷蔵か冷凍での保存をお勧めします。

市販のものには脱酸素剤が入っているものや、減圧乾燥方法により2週間~3週間くらいは日持ちするものもあります。

購入の場合は保存方法と期間をご確認ください。

干し柿は栄養的にも優れているので、ダメにしては勿体ない!美味しいうちにお召し上がりくださいね。

-季節

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.