季節

干し柿のカビの見分け方は?カビが生えたら食べれる?

更新日:

今年は昨秋の台風や長雨の影響で野菜の価格が高騰していますね。それは、うちの子どもの幼稚園での干し柿づくりにも影響が出ました。

カビが生えて全滅・・・(泣)

(ちなみに、写真は一昨年のです。この年は美味しくできました)

例年同じ場所で干しているのですが、雨、湿気は干し柿づくりには大敵なんですね。では、どういうカビが生えるのでしょうか?干すとだんだん柿の表面に白い粉が出てくるのですが、これはカビなのでしょうか?

また、カビが生えても食べることが出来るのでしょうか?今回はそんな干し柿のカビについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

干し柿のカビの見分け方は?

カビの見分け方・干し柿のカビは食べれる?

せっかく柿の皮をひとつひとつ丁寧に剥いて干したのに、よく見ると白やら青などのカビのようなものが見える、という経験をされた方も多いと思います。

白色で粉っぽいものは、干されたことで柿の糖分が表面に現れたものなので、カビではありません。むしろ大歓迎なものです。

https://afanlife.com/dried-persimmon-4-9356

反対に、白色だけど、ホワホワとしたものが付いていたり、色が青や緑色っぽいとそれはカビです。

カビが食べれるかという事ですが・・小さい範囲であれば取り除けばまだ大丈夫かもですが、全体的に広がったものであれば、残念ですが諦めて処分しましょう。

(おなかを壊したら大変ですからね)

白色はカビかどうかの見分け方が難しいと思います。その際は、干した期間を目安にするとよいでしょう。

干し柿は干して2週間を過ぎたあたりから食べ頃になります。(2週間位だとまだ中身はトロリとした感じです。)

干してすぐの白いものはカビ。1ケ月位経った頃に白い粉のようなものであれば、それは糖分。

なので美味しくできた証拠です、目安にしてみてくださいね。

干し柿のカビを除去・カビの取り方

出典:写真AC

それでは、まだ範囲は小さく食べれそうな場合、どうやって干し柿からカビを除去すればよいのでしょうか?

なるべく実は削りたくないですよね。

除去方法としては、アルコール度数の高い焼酎や、口に入れても安全なアルコールを綿棒やペーパータオルなどに染み込ませ、表面のカビを拭き取ります。

干し柿のカビ対策

でも、せっかく除去してもまたカビがついてしまったら悲しいです。そのためには対策をしましょう。

カビを取り除いた後に、霧吹きで焼酎やアルコールを吹きかけます。

そして、再度干す時は、吊るす間隔が狭いとカビが生えやすくなるので、風通しのよい場所に間隔をあけて干します。

また、雨の日は室内に取り込むようにしましょう。

手順はさかのぼりますが、干し柿作りの最初の段階でもカビの発生予防ができます。

皮を剥いた後に熱湯に柿を5秒から10秒位つけてから干すとカビの発生を予防できます。

せっかく作るのですから、カビ対策をしっかりして美味しい干し柿を作ってくださいね。

スポンサーリンク

-季節

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.