イベント

古河提灯竿もみまつり駐車場とアクセスは?日程見どころトイレ情報有り!

更新日:

古河提灯竿もみまつり駐車場とアクセスは?日程見どころトイレ情報有り!

古河提灯竿もみまつりの駐車場・アクセス・イベント・日程・トイレ情報・見どころをまとめました。

スポンサーリンク

開催場所と日程

イベント名称:第158回 古河提灯竿もみまつり
開催場所:茨城県古河市/JR古河駅西口おまつり特設会場
日程:2018年12月1日

 

この祭りは高さ20mもある竹竿をぶつけ合い、竹竿の先についた提灯の火を消し合うことで勝敗を決める関東の奇祭 です

駐車場や収容台数は?

古河駅周辺はタイムズをはじめ有料駐車場が多数あります。

2017年は主催者の準備した駐車場が2か所ありましたが、どちらも収容台数が少ないので、有料駐車場の利用をおすすめします。

車で行く場合は事前に近くの駐車場の位置を調べて予約しておけば安心です。

 

↓予約できる駐車場↓

 

古河提灯竿もみまつりまでのアクセス

車の場合

・東北自動車道「館林IC」から30分

タクシー、車利用の場合、交通規制のため渋滞が予想されますので、お早めにお出かけになることをおすすめします。

公共交通機関(電車・バス)の場合

・JR宇都宮線、上野東京ライン・湘南新宿ライン「古河駅」下車西口徒歩1分
・東武日光線 「新古河駅」下車タクシー5分

駅からの便利はいいですね

スポンサーリンク

交通規制は?

交通規制は公式サイトに記載されています。

古河観光協会 こがナビ 古河提灯竿もみまつり

来場者数、混雑状況は?子供やお年寄りと行って大丈夫?

過去の人出は主催者側の発表では10万人言われていましたが、それよりはかなり少ないと思います。

しかし、駅前の狭いエリア(道路)で行われるのでかなり混雑します。

夜のお祭りですし、囲いが組まれているので、自由に往来できるスペースも狭いです。

したがって、お年寄りや小さいお子様とご一緒の場合は十分注意が必要です。また、ベビーカーや車椅子で会場中心部に近づくのもおすすめしません。

古河提灯竿もみまつりとは?

市内の企業や団体が、会場の両側に丸太で組まれた矢来(囲い)の中で20メートルほどの竹竿の先につけた提灯を揉み合い、相手の提灯の火を消し合う祭りです。

各団体が21人のチームを作って戦い、予選を勝ち抜いた上位8チームで決勝戦を行うのが「競技もみ」、全ての参加者で揉み合う「自由もみ」があります。また、10メートルの竹竿を使った子供の部も行われます。

提灯もみは、かつては古河藩領で現在栃木県野木町にある野木神社の神官が、神領の七つの村々をめぐり終え帰ってくる際、提灯を手にし出迎えるために待っていた氏子たちが、寒さをしのぐために身体を揉み合ったことがはじまりと言われています。

野木神社は現在の祭り会場の古河駅から北へ約3キロのところにあります。

江戸時代の提灯竿もみまつりは、神社の南、日光街道沿いの花街だった現在の横山町で行われ、近隣から多くの参拝者が出て賑わったようです。その古河藩の祭りは古河提灯竿もみまつりとして引き継がれていますが、別に野木神社では12月3日にちょうちんもみまつりが行われています。

古河提灯竿もみまつりのみどころ

いろいろなところで「関東の奇祭」と言われていることを目にします。

奇祭かどうかはともかく、全体的にコンパクトでもあり、「ちょっと地味」と感じる方も少なくないと思います。

しかし、シーンと澄んだ空気の夜空に橙色の提灯の灯が浮き上がり、それが激しくぶつかり始めると、火の粉がぱらぱらと散り、まわりからどよめきが沸き上がる、ちょっと幻想的な雰囲気に触れられるかもしれません。

闇と光、提灯をぶつけ合うバシバシッという音と観客の声というコントラストにフォーカスして見てみるのも一つの楽しみ方かもしれません。

まつりのプログラム

2018年12月1日(土)午後4時~午後9時

16:15~ 子どもパレード出発
16:50~開会式
17:10~17:30 子ども部門(1部)
17:40~18:00 子ども部門(2部)
18:10~19:40 大人部門(競技もみ)
9:55~20:35 大人部門(自由もみ)
20:35~閉会式

トイレ情報

同時開催の古河マルシェでは、地域の特産費やお買い得品が並ぶお店が出ます。セレンディピティがあるかもしれません。

屋外のイベントで心配なのはトイレですよね?

仮設トイレが設置されるほか、駅の公衆トイレがありますが、他に自由に利用可能な21時過ぎまで営業している施設はとても少ないので、かなり並ぶ覚悟が必要です。

周辺にはコモディイイダ、ファミリーマート古河駅前店、古河駅ビルVAL(午後8時閉店)などがあります。

まとめ

古河提灯竿もみまつりは冬の夜に行われる、ほかにはない珍しいイベントです。

渋滞知らずの駅から1分の手軽さで古河宿で江戸時代から行われてきたちょっとない「奇祭」を体験してみてはいかがでしょうか。

かつての賑わいの名残りも、ゆるーくそこかしこに見つけられる古河探索もいいですよ!

-イベント

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.