生活

虫歯予防といえばフッ素!期待できる効果は主に3つ!

更新日:

「フッ素」という言葉を聞いたことがありますか?虫歯予防といえばフッ素というイメージを持つ方も多く、歯磨き粉のCMやパッケージでもよく耳にしたり目にしたりしますよね。

では、そもそもフッ素とはどんな物質で、なぜ虫歯予防にいいといわれているのかご存じでしょうか。フッ素とは?ということに加えて、効果的な虫歯予防についてご紹介します。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

歯磨き粉などにもよく含まれているフッ素とは?


普段、フッ素といえば歯磨き粉のCMなどでふれる機会が一番身近ではないでしょうか。小さいお子さんをお持ちのご家庭では歯医者でフッ素塗布をした!という方もいらっしゃるでしょう。

これは、フッ素が虫歯の予防に効果があるとされているからですが、そもそもフッ素とはどんな物質なのでしょうか?

実は虫歯予防に使われるのは正確には「フッ化物」と呼ばれる物です。以前はどちらも同一視されていましたが、現在は元素のひとつである「フッ素」とは区別されています。

フッ素の効果3つ

虫歯予防の面で期待される具体的な効果は次の3つです。

1.歯の表面をコーティングして、酸などの刺激に強くする

虫歯は食べ物から虫歯菌が作る酸の刺激で表面が溶けることから始まります。表面をコーティングすることで、そうした酸などの刺激に強い歯になるので虫歯になるリスクを減らしてくれます。

2.虫歯菌が作る酸を抑制する

虫歯菌が作る酸が虫歯の原因になりますが、この作りだされる酸自体を抑える効果があります。そこで、歯の表面への刺激を減らし虫歯を防いでくれるのです。

3.初期虫歯が再石灰化して元に戻るのを助ける

歯に穴があくような進行した虫歯は元に戻れませんが、ほんの初期の虫歯であれば再石灰化という働きによって、歯が元に戻る力があります。フッ化物はこの働きを助けて虫歯の進行を抑えてくれるのです。

虫歯予防は自宅と歯科と両方でケア!

虫歯予防は普段の歯磨きなどのホームケアだけでは充分ではありません。歯の専門家である歯科医のケアをあわせて行うことで効果が格段に上がります。

日本では、「歯科=虫歯になったらいくところ」というイメージのほうが強いですが、海外では「歯科=虫歯にならないために行くところ」という認識が一般的な国もあります。

この予防歯科の重要性は近年、日本でもだんだん浸透しつつあります。

毎日、しっかり歯磨きをしているつもりでも、磨き方のクセによる磨き残しが発生することも考えられますし、細かい部分のチェックは歯科での定期的なチェックが有効です。

一般的には3か月おきに歯科でのチェックをすると虫歯予防効果が高まるのだそうです。

歯石除去などもあわせて行うと歯周病の予防にもなって一石二鳥ですよね。

大人でも「歯医者さんは苦手で・・」という方は多いのですが、虫歯の治療のために歯科に行くよりも、チェックをしてもらうために行く方がずっと気軽に通える気がしませんか。

治療が必要な虫歯が発見されたとしても早期であれば、痛みの少ない治療を短期間受けるだけで済むので、経済的にも精神的にも負担が軽くなります。

それに定期的なチェックを受けていた方のほうが、お年寄りになってから残っている歯の本数が多いそうです。体が健康であれば元気に毎日が過ごせるのと同じく、お口の中が健康であれば食べる楽しさも存分に味わえて元気に過ごすことができますよね!

まとめ

いかがでしたか?フッ素という言葉はよく耳にしますが、実際どんなものなのかは詳しく知らなかったという方もいらっしゃったと思います。

フッ化物の塗布は大人でも定期的に行うことで効果があります。ホームケアと歯科での専門的なケアをうまく活用して、健康な歯を保ちましょう!

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-生活

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.