行事

おみくじで凶や大凶がでたら引き直す?上書きの効果はある?

更新日:

今年も残りあとわずか、すでにお正月休みのことを考えている人もいるかもしれませんね~

年始の楽しみと言えば初詣の”おみくじ”ですが、良くない運勢を引いてしまえばついつい「引き直したい」と思ってしまうものです。

果たしておみくじって引き直して良いものなのでしょうか?

罰当たりにはなりたくないので少し調べてみました!

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

おみくじで大凶を引いてしまった!2回目引くのはアリ?

実はおみくじに「1度しか引いてはいけない」という明確なルールはありません。

結果に不満があったり、別々に願いごとを占いたい場合は引き直しOKなようですね。

ただしその際は日を改めて神社に出向き、しっかりと参拝を終えた後に引くのが最低限のマナーです。

同じ日に何度も引き直すのは、あまり褒められたことではないようですね。

おみくじはその年の運勢を占うと同時に、現在の自分に対しての「メッセージ」という側面もあります。

結果に一喜一憂してすぐ引き直す前に、神様からのアドバイスにしっかり目を通したほうが良いかもしれません。

おみくじの吉や凶の種類は何個ある?

おみくじの種類については案外知られていなかったりします。一般的な種類と順番はこの2パターンです。

「大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶」

「大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶>大凶」

主な運勢の種類は7つ。

上記の2パターンは「中吉」「小吉」と「吉」の位置の違いで分かれていますね。

更に細かいおみくじになると、「末小」や「半吉」、「半凶」「末凶」などの運勢が加えられます。

「大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小>凶>小凶>半凶>末凶>大凶」

種類は12種類。かなり刻みますね~

おみくじの種類や順番は、神社によって大きく違いがあるようです。

多い場所だと約20種類も分かれており、「大大吉」「吉凶相交」などの珍しい運勢もあるんだとか。

ぜひ1度引いてみたいですね♪

おみくじに上書きの効果はあるのか?

最後に気になるのがおみくじの「上書き効果」です。

例えば異なる神社で別々におみくじを引いた場合、最初に引いたおみくじの運勢に後から引いた運勢は上書きされるのでしょうか?

結論から言えば、おみくじの運勢は上書きされるみたいですよ。おみくじの有効期限は2つあると言われています。

①願いが成就した場合

②次回のおみくじを引く時まで

つまり最後に引いたおみくじが、現在のあなたの運勢になります。

私もおみくじの運勢が良くないと落ち込んでしまいますが、おみくじは「結果」ではなく「どう評価するのか」が重要だと聞いたことがあります。

神様からの助言に耳を傾け、謙虚さを持って生活すれば「大凶」から「大吉」な日々に変わるかもしれません。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-行事

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.