生活

ゴールデンウィークって日本だけなの?海外に大型連休はある?

更新日:

連休と言えば「ゴールデンウィーク」

働き者の日本人にとってはありがたい大型連休です。

ふと考えたのですが、日本以外の国にもゴールデンウィークってあるのでしょうか?

もしかしたら海外は日本以上の大型連休が存在するかもしれません…

ゴールデンウィークの由来と海外の大型連休事情について調べてみました。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

ゴールデンウィークは日本だけの習慣だった?

本来ゴールデンウィークは5月の3日~5日までの3日間を指すそうですが、現在は4月29日~5月5日までの一週間のお休みが一般的です。

疑問は海外にも”ゴールデンウィーク”と呼ばれる大型連休が存在するのか?ということ。

結論から言えば、海外にも大型連休は存在するものの、”ゴールデンウィーク”という呼ばれ方はしないようです。

呼んでいるのは日本だけみたいですね。

ちなみに2017年に調査された日本人のゴールデンウィークの過ごし方ランキングがこちら。

第1位:家

第2位:テーマパーク

第3位:帰省

第4位:国内旅行

第5位:キャンプ

第6位:海外旅行

第1位の「家」3位の「帰省」から読み取るに、ゴールデンウィークは”のんびり過ごしたい”感じが伝わってきます。

最近の人はあまり車も乗らないですし、できれば遠出をしたくないというのが本音なのかもしれません。

ゴールデンウィークの由来は? 誰が決めてるの?

ゴールデンウィークの由来は2つ挙げられています。

①たくさんの人に映画館に来場してもらいたくて、大型連休の期間を”ゴールデンウィーク”と名付けた。

②連休期間中のラジオが高聴取率を取る時間帯を「黄金週間」と呼んでいたが、よりインパクトのある”ゴールデンウイーク”に改名した。

①は日本映画界が作ったもの、②はラジオの「黄金週間」から変化したという説です。

どちらもあくまで諸説であり、本当の所ははっきりわかっていないようですね。

またゴールデンウィークは「飛び石連休」とも呼ばれていたようなのですが、こちらはあまり定着せずに自然消滅してしまいました。

「飛び石連休」は呼びづらいですよね…

海外の大型連休は?

最後に海外の主な大型連休事情について調べてみました。

1.中華人民共和国

出典:photo-ac

中国は1週間程度の大型連休が毎年2回存在します。

特徴は日本のように「日付け」でなく「期間」として定められていること。

例えば2016年の長期連休は下記の通りです。

【春節】   2月7日から7連休

【国慶節】  10月1日から7連休

毎年連休が始まる時期は微妙に変わり、祝日は政府の方からその都度発表があるようです。

2.フランス

出典:photo-ac

フランスの法律では、5週間を上限に休暇を取得することができるんだとか。

国民のほとんどが夏に1ヶ月程度のお休みを貰うそうですよ。

その他、フランスでは年間13日の祝日が存在します。

3.アメリカ合衆国

出典:photo-ac

アメリカは年間10日ほどの祝日が存在しますが、全てがお休みにはならないそう。しかも州によって祝日もバラバラです。

アメリカの大型連休はフランスと同じく、個人が長期休暇を取得して「バカンス」を楽しむ形式なんですね。

期間は大体4週間ほどが目安。さすが「自由の国」アメリカですね。

海外の国を見ていると、その休暇の取り方はうらやましくも感じられます。

日本ではどうしても長期休暇を要求しづらい雰囲気がありますからね…

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-生活

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.