生活

お花見の三色団子の順番の意味は?色や味は決まってる?

更新日:

寒さが和らいでくると、お花見のシーズンがあっという間にやってきますね。

お花見といえば、もちろん桜の花ですが、串に刺さった三色のお団子をイメージする方もいるのではないでしょうか。

お花見の時になぜお団子を食べるのでしょうか?順番は決まっているのでしょうか?
その由来とともに調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

三色団子の順番は決まっているの?

三色団子の順番といえば、上からピンク・白・緑の順で、それ以外のものはあまり見かけませんね。

実はその並んでいる順番にも意味があるとされていて、2つの説があるそうです。

1.桜が咲く様子を表している
赤いつぼみの後に白い花が咲き、花が散ると緑の葉が伸びていく様子です。お花見の定番は桜の花ですので、なるほどと思えますね。

2.早春の大地の様子を表している。
空に太陽、日差しでとける雪、雪の下から芽吹く緑という風景を表している。

どちらの説も、日本の春の印象的な場面を示していてとてもロマンチックですよね。

お団子を食べながら、そこに込められた意味に思いを馳せるのもひと味違うお花見の楽しみ方ですね。

お子さんに説明するのに覚えておくと役に立ちます。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

花見の定番!三色団子の色と味について

三色団子の色はピンク・白・緑ですよね。

その色の意味は諸説ありますがここでは3つ紹介していきます。

1.日本の季節を表している

ピンクは春の桜、白は冬の雪、緑は夏の新緑を表しているという説です。
秋がないのは「飽きない」「商い」とかけて、団子屋さんが作ったためではないかといわれています。なかなかシャレがきいていますよね。

2.春の様子を表している

ピンクは桜や太陽、白は残り雪や白酒、緑はよもぎを表しているという説です。
暖かい日差しに雪がとけ、緑が芽吹く春の風景を表現しているという見方も風情があって素敵ですね。

3.日本の縁起の良い色を使っている

ピンクは紅白の紅。運気を上げる色、白は紅白の白。清浄の色、緑は邪気を祓う色。

全部日本でおめでたい色なので、縁起のよい食べ物と考えることもあるようです。

なんだか食べるだけで、運気アップ出来そうですね。

また、団子の味については、スーパー等で販売されているものは食紅や色素で色を付けているだけですので、すべて同じ味です。

ですが、本来は以下のようにそれぞれ違う味なのです。

団子の味

・白:上新粉に砂糖を混ぜた「すあま」
・ピンク:白の団子にくちなしや赤しそを加える。梅風味。
・緑:白の団子に桜やよもぎを加える。草団子風味。

和菓子店などでは昔ながらの製法で作っているものが多くありますので、改めて味わってみるのも楽しいと思います。

お花見になぜ団子を食べるの?由来は?

お花見の風習自体は812年頃には存在したと『日本書紀』にも記載があります。

ただ、現在の宴会とは違い、貴族が和歌を詠み合って花を愛でるというものだったようです。

実は、現在の宴会の形式を作ったのは豊臣秀吉だったといわれています

1598年、秀吉が京都の醍醐寺で1300人もの武将やその一族を招待して花見を催しました。

この時に振る舞われたお茶菓子が三色団子だったのです。この頃は団子といえば、白一色でしょう油をつけて食べるのが一般的でした。

秀吉はアイデアマンで団子が好物で華やかなものを好みました。ですので、ほのかに甘く、見た目も美しい団子を考案させたと伝えられています。
ここから、花見は宴会と三色団子という風習が始まり、江戸時代には庶民の間にも広まっていったのです。

何となく定番だから三色団子を食べていたという方も、そういえばあんまり食べた記憶がないかも・・という方も、意味や由来を知って改めて召し上がってみる機会にしてみていただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-生活

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.