行事

花見の起源や昔の風習は?江戸時代はどんなことしてた?

更新日:

日本人の楽しみと言えば「お花見」ですよね。

普段は特に花が好きそうでない人も、春の時期になれば一斉に「お花見」に出掛けるので不思議です笑

花の鑑賞ではなく、皆でお酒を飲んだり盛り上がることが主な目的なのかもしれませんが、日本人には花見を楽しむDNAが存在する気もしますね。

今回は日本の代表的な文化である「お花見」の歴史について少し調べてみました。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1


花見はいつから始まった?起源とは?

私たちが大好きな「お花見」。

その起源を辿ると、花見自体は奈良時代に既に行なわれていたようです。

ただし、当時は「桜」ではなく「梅」を鑑賞していたんですね~

現在の様に桜を鑑賞するようになったのは平安時代から。

当時の天皇である、嵯峨天皇が桜が大のお気に入りだったことが影響しているようです。

また奈良時代のお花見は厳格な行事としての色が強かったのに対し、時代が平安→鎌倉→室町と進むにつれて、お酒を飲みながら楽しく盛り上がるスタイルに変化していきました。

そして安土桃山時代に、豊臣秀吉が「吉野の花見」という壮大なお花見を開催したことを機に、庶民もお花見を楽しむ文化が定着したと言われています。

日本で花見をするのはなぜ?

この「お花見」という文化は日本独特のものと言われていますよね。

何故、ここまで日本人に愛されるのか?その理由を私なりに3つにまとめてみました。

①四季を感じる心

②気候の良さ

③自然崇拝の精神

やはり一番の要因は日本の四季の美しさだと思います。

季節の移ろいや自然美に日本人は非常に敏感ですよね。

そういった日本人特有の感性が「お花見」を日本の伝統的な文化に定着させた気がしますね。

また日本人特有と言えば自然崇拝の精神の影響も大きいと思います。

昔から桜の木には神様が宿ると言われているようですし、信仰深い日本人の生活に関わりの深い存在が桜の花なのです。

日本人にとって「お花見」は神様の存在を感じる大切な機会だったんですね。

江戸時代の花見スタイルは?

出典:photo-ac.com

 

江戸時代の人々にとってお花見はどのような存在だったのでしょうか?

そもそもこの時代、農村では「お花見」はその年の収穫物の豊作を願う儀式的なもの。

現代のような満開の桜を楽しむ宴会スタイルは、都市部の貴族や武士たちが始めたものなんですね。

江戸時代と言えば芸事が盛んになった時代でもあり、時の将軍家光や吉宗が上野や飛鳥山のような桜の名所を作り、花見を楽しめる場を増やしたことも「お花見」が広まった大きな要因でした。

また、桜の品種改良が進んだのも江戸時代。

かの有名な日本の桜「染井吉野」も、観賞用として江戸時代末期に生み出されたものです。

これらのエピソードからも、江戸時代の人たちが「お花見」を楽しみにしていたことが伝わってきますよね。

日本の桜は古代から現在に至るまで、人々の心を魅了し続けています。

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-行事

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.