季節

中秋の名月には何を食べる?意味と由来は?

更新日:

みなさんは「中秋の名月」や「十五夜」についてご存知でしょうか?名前を聞いたことはあっても、その意味や由来を知っている人は意外に少ないかもしれません。今回は「中秋の名月」の由来や「十五夜」の際にお供えする食べ物について調べてみました。

2018年に見られる「中秋の名月」の時期もわかりましたよ。

スポンサーリンク

中秋の名月の意味と由来は?

「中秋の名月」と呼ばれる由来には、旧暦が関係しているようです。

旧暦と春夏秋冬の振り分けがこちら

1月・2月・3月
4月・5月・6月
7月・8月・9月
10月・11月・12月

旧暦では7・8・9月が秋とされていたのですね~昔の人はその真ん中の8月に出現する満月を「中秋の名月」と呼ぶようになったそうです。

ちなみに「中秋」とは8月15日を指すんだとか。

月の満ち欠け周期の半分にあたる15日に、満月が現れると考えられていたためです。その他由来と意味には様々な説が存在するようですが、どれも確証はないようですね。

中秋の名月2018年はいつ?

最高に美しい満月が見られるとされる「中秋の名月」。2018年の出現時期を調べてみました。

気になる今年の出現時期は2018年9月24日とされています。個人的に仏滅なのは少し残念ですが、今年も最高に美しい満月が見られることを期待しましょう!

中秋の名月には何を食べる?

「お月見」にはお供えものが欠かせませんよね?もともとお月見は食物の収穫を感謝する感謝祭的な意味があり、食べ物などを供えるようになったそうです。

主なお供え物はこの3つ

◆月見団子

◆里芋

◆ススキ

①1年に出現した満月の数(平年は12個、閏年13個)

②十五夜なので15個 (十三夜なら13個)

だそうです。

里芋を供えるようになった理由は十五夜の別称にあります。実は十五夜は別名「芋名月(いもめいげつ)」と呼ばれているんですね。

十五夜には芋類の収穫に感謝を示す意味も込めて、里芋や薩摩芋をお供えする習わしがあります。

最後のススキを供える理由はススキが秋の七草のひとつだから。昔からススキは神様の依り代とされ、災いを遠ざける魔除けの意味も込めて供えなれるようになったそうです。

またお月見には、上記以外にも様々なお供え物が供えられています。

月見団子の代わりにどら焼きおまんじゅう、中国では月餅などがお供えされるようです。

さらに、お月見の時期に収穫される旬な野菜や果物、特にブドウなどのツル系は月と人との結びつけを強くするという意味で縁起が良いとされているんですね。

どの食材もお供えした後に食べてOKです。定番の月見団子も良いですが、2018年はちょっと変わった物をお供えしても楽しいかもしれませんね♪

スポンサーリンク

-季節

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.