行事

ひな祭りはちらし寿司で決まり!サイドメニューのおかずはどうする?

更新日:

3月3日は「ひな祭り」ですね。「ももの節句」とも言われています。

雛人形や道具を飾って、女の子の成長と幸せを願う日とされています。そして、食事でちらし寿司などをいただく、日本古来からの風習です。

さて、食事の定番は「ちらし寿司」ですが、それだけでは物足りないですよね?そこで、今回はサイドメニューについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

ひな祭りといえばちらし寿司

 

 

 

サイドメニューのおかずはどうする?

ひな祭りのおかずの定番と言えばやはり、お吸い物や天ぷらではないでしょうか?

ちらし寿司と共にいただく汁物といえば、「はまぐりの潮汁」を思い浮かべる人も多いと思います。汁物は欠かせませんね。

はまぐりと共に菜の花を入れると、ぐっと春らしくなりますよ。また、他にお勧めのおかずをご紹介します。

・春の山菜天ぷら:

こごみ、タラの芽などは緑の色も綺麗で、春を感じさせてくれます。

・茶碗蒸し:

ちらし寿司を寿司桶などで提供する場合は、茶碗蒸しなど一人一つずつのものだと、手に取りやすくていいですよ。

・新じゃがいもとベーコンの照り煮:

小さい新じゃがいもとベーコンを甘辛く煮ます。コロコロした感じが可愛らしいですよ。

・菜の花と生ハムのサラダ:

ちらし寿司だけだと、やや野菜が不足しているので、菜の花と、生ハム、スライスした玉ねぎを混ぜたサラダは野菜も採れてお勧めです。

・レタスとエビのサラダ:

いつも作るようなサラダに蒸しエビを入れるだけで、お祝いサラダになります。

また、子どもの好きな食べ物も一品用意してあげると喜びますよ。

我が家では、和食から離れてはいますが、フライドポテトを添えると大喜びしてくれます。

そうですよね、小さい子どもにはまだ「ひな祭り」と言ってもよく分からないですから、好きなものが出てくれれば、それだけで嬉しいですよね。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

ひな祭りはお祝いだ!もちろんケーキも準備しよう

ちらし寿司と共にいただくおかずをご紹介しましたが、お祝い事ですし、やはり食後のデザートは欠かせませんよね。

最近では「ひなケーキ」といって、ひな祭り用にデコレーションされたケーキが販売されています。

白やピンクの生クリームを塗ったボトムの上に、お内裏様とお雛様の砂糖菓子が乗っていたり、イチゴをカットしてお雛様に見立てたり、見ているだけでも楽しい気分にさせてくれます。

極端な話ではありますが、ちらし寿司にケーキが付くだけでも豪華に見えますよ(笑)

年に一度のひな祭りです。お母さんはちょっと忙しくなるかもしれませんが、ひな祭り用のご飯を作って、家族みんなで料理を囲み、楽しいひと時をお過ごしくださいね。

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-行事

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.