行事

桃の節句のお祝い料理にはどんな意味がある?ひし餅や白酒の由来とは?

更新日:

3月3日の女の子のお祝い行事といえば、「桃の節句」ひな祭りとも言います。女の子の成長と幸せを願う日です。

特に初節句を迎えるお家では、何を食べたらよいものか悩む人も多いかもしれません。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

桃の節句のお祝い料理にはどんな意味がある?

トラ
定番と言えば「ちらし寿司」と「はまぐりのお吸い物」だよな?
ひよこ
料理じゃないけどひし餅や雛あられ、白酒も欠かせないね!
ひよこママ
なんでこんな料理を食べるんだろうね?少し調べてみました

お祝い料理の定番にもなっているちらし寿司の意味とは?

ちらし寿司そのものにいわれはないようですが、上に散らされる食材は縁起のいいものが使われています。

・エビ:長寿

・れんこん:先の見通しがよい

・豆:健康でマメに働ける

これらに卵やいくらが添えられるともっと華やかになりますね。

お吸い物にはまぐりはなんで?

ちなみに、一緒にいただくことの多い「はまぐりのお吸い物」にも意味があるんですよ。

平安時代の遊び「貝合わせ」には、まぐりの貝殻を使っていました。

はまぐりの貝殻は、対になっていなければ合わないということから、仲のいい夫婦を表し、一夫一婦の願いが込められた縁起物です。

ですので、一つの貝に身を二つ入れるのがしきたりとなっています。

はまぐりの二枚貝はお姫様を表しており、他の貝とは合わない。そういったところからも夫婦仲良くの象徴とされてきました。

要するに女の子が良縁に恵まれ幸せになるようにという願いが込められているんですね。

江戸時代には貝桶と呼ばれる上流階級の嫁入り道具としても使われています。

中には貝合わせの貝が入れられニ個で1組となり、豪華な蒔絵が施されていました。

桃の節句につきもののひし餅や白酒にはこんな由来が

桃の節句には、ひな段に菱餅やひなあられを飾り、白酒をいただくお家も多いかと思います。

菱形の由来

この菱餅、なぜ菱の形になったかは定かではありませんが、一説には、「菱」は繁殖力の強さから、子孫繁栄を意味していていたため、白い餅に菱の実が入れられていたそうです。

そこで、お餅の形に、菱の言葉から「ひし形」が使われるようになったと言われています。

そして、色にもちろん意味があります!

色の由来

一般的には下から白・緑・赤と重ねられています。

白は「雪」で清浄を意味し、緑は「よもぎ」で健康を意味し、赤は「桃」で魔除けの意味があります。

この3つを重ねることで、「白い雪が溶けて、緑の芽が芽生え、桃(紅)の花が咲く」という意味を表しています。

白酒の由来

そして、白酒ですが、元々中国では、「桃花酒」といって、桃の花をお酒に浸したものを三月三日にいただく習慣がありました。

桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすと言われていて、これが日本にも伝わり、桃花酒よりも馴染みある「白酒」になったそうです。

また、桃の花(紅色)を飾ることで、紅白でめでたいとされています。

日本古来のお料理をご紹介しましたが、最近では「雛ケーキ」が目立ってきています。

お雛さまの飾られたケーキは華やかさもあり、グッと食卓が豪華になりますよ。

我が家の子どもは、料理よりケーキに大喜びで盛り上がっていましたよ。

まだ離乳食のお子様は、生ものは控えたいところですので、すし飯の上に錦糸卵やでんぶ、絹さやなどを添えたものにすると一緒にお祝いできますね。

桃の節句に子どもの成長と幸せを祈りながら、新旧のお料理・お菓子をいただき、楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-行事

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.