健康

これってもしかして…?インフルエンザの症状には吐き気もある?

更新日:

秋から冬に移り変わり、寒さや乾燥が厳しくなってくると様々な病気が流行します。

その中でも代表的なもののひとつがインフルエンザではないでしょうか。

ひよこママ

インフルエンザの症状といえば高熱やだるさを思い浮かべる人が多いと思います。

実は吐き気を感じることがあるのはご存じでしょうか?

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

インフルエンザは高熱の他にもいろいろな症状がある

もし自分や家族、特に子どもがインフルエンザかどうか判断する時、高熱や関節痛などの全身症状があれば

「インフルエンザかもしれない!」とピンとくる人は多いでしょう。

しかし、子どもが吐き気や腹痛などの消化器系の症状を訴えても、すぐインフルエンザの可能性を考える事は少ないのでは?

ひよこママ

インフルエンザウィルスはA~Cまで型があり、A型とB型が流行しやすいとされています。

この2つのうち、B型はA型と比べると消化器系に症状が出やすいそうです。

また、以前に新型インフルエンザと呼ばれたA型H1N1亜型もその傾向があるようです。

例えば、吐き気・おう吐・腹痛・下痢などですね。

これらがインフルエンザの初期症状だった場合には、こうした症状のあとに38℃を超えるような高熱をともなうのが一般的です。

ただし、あまり熱が上がらないケースもあるので、熱が出ないからといって、インフルエンザではないとは限りません。

かならず病院で検査をしましょう。

とくに、乳幼児や高齢者・循環器系に持病がある人などは健康な成人と比べると免疫力が弱いことが多いので、インフルエンザの重症化リスクが高いといわれています。

薬の種類によってはインフルエンザにかかっているときに使うと「脳症」や「熱性けいれん」を引き起こしやすくしてしまうものもあります。

ひよこママ

絶対に以前にもらった解熱剤が余っているからと自己判断で使うことはしないでくださいね。

吐き気のほかにも、何かの症状があるときは早めに病院へ行き、適切な治療をうけましょう。

吐き気が長引くようなら病院へ行こう

ここまでお話してきたように、インフルエンザウィルスの型によっては初期症状として吐き気があらわれることがあります。

B型のウィルスは症状のあらわれ方や進行がA型に比べるとゆっくりで高熱が出ることがなく、だらだらと体調不良が続くというケースがあります。

そのような場合だと、初期段階では「風邪かな?」と判断して様子を見てしまうことも考えられます。

子どもはよく熱を出したり、体調不良だったりするのは日常茶飯事ですから、ホームケアで様子を見ようという気持ちはとてもよくわかります。

ちなみに受診してB型のインフルエンザと診断を受けて薬ももらったけれど、吐き気などの症状が3週間くらい続いていたというママさんもいました。

ひよこママ

ここで注意していただきたいのは、吐き気が長引いているなと感じたら、

病院へ行く必要があるということです。

微熱しか出なかった場合、なかなかウィルスを体内でやっつけきれずに症状が長引くということもあります。

もしくは、なんらかの原因で免疫力が落ちているときに、別の原因で吐き気が起こっている可能性もあるのです。

インフルエンザの検査が陰性だったけれど、ずっと吐き気があると訴えているなら、違う原因を探ってみたほうが安心できます。

心配だなと思ったら早めに病院に行き、相談をしましょう。

そのときには、それまでの経過や症状などを簡単に整理してメモしておくと、医師も判断がしやすくなるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?ところで、インフルエンザ=冬というイメージを持つ方が多いと思います。

ひよこママ

今回調べている中で、夏でもかかることがあると知り、驚きました。

実はインフルエンザは年間を通じて流行する可能性があるのです。

微熱のみで吐き気の症状だと、風邪やノロウィルスと間違えられやすいのですが、早めに病院で検査を受けることで早期治療・早期回復ができ、重症化を防ぐ対策になります。

また、流行しやすい季節の前から手洗い・うがいの習慣をつけ、接種可能な年齢であれば、ワクチンも打っておくと有効ですよ。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-健康

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.