季節

小春日和は何月のこと?どうして秋なの?

更新日:

「小春日和」と聞くと、「小さい春ということだから、2、3月の陽気のことかしら?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は、秋から冬にかけておこる、晴れて暖かく、穏やかな天気のことなんですよ。

いずれにせよ、文字からは“ポカポカした”感じが想像できますよね。私は某国民的アニメの中で、猫が家の縁側で昼寝をしている様子を思い浮かびます。

では、小春日和とはいったい何月のことをいうのでしょうか?どんな日なのかも含めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

小春日和ってどんな日のこと?

出典:写真AC

先ほども少しお話ししましたが、「小春日和」とは、晩秋から冬の初めにかけてくる、晴れて暖かい天気の日をさします。寒くなってくる時期に、時に春の陽気と似た日がやってくることがあり、そう呼ばれるようになったと言われています。

風が冷たくなる季節の中で、春の暖かさを感じると少しホッとして、何となく心が穏やかな気持ちになりますよね。

小春日和ってどうして秋なの?

では、どうして小春日和が秋なのでしょうか?

「小春」という言葉は、旧暦10月の異称(別名)です。冬の季語にもなっています。そしてそれは、現在の太陽暦(新暦)だと11月から12月上旬を指します。

また、「日和」とは晴れたいい天気のことをいうので、二つ合わせて秋から冬にかけておこるいい天気のことを「小春日和」呼ぶようになりました。

ですので、冬から春にかけて雪が溶けて暖かくなってきた頃に、この言葉を使うのは間違いなので注意してくださいね。

小春日和はいつからいつまでのこと?

では、具体的にいつからいつまでをいうのでしょうか?

色々調べてみたところ、11月から12月初めを指すことが多いようです。

「そんな曖昧は嫌だ!」という方は、10月23日から12月22日頃までと思っていただけるとよいと思います。

ちなみに、「小春」という名前の芸能人の方もいるので、誕生日はどうなんだろうと気になり調べてみたのですが、11月、12月生まれの方はほとんどいませんでした。

芸名ということもあるでしょうが、意外といなくて驚きました。

それにしても、季節のうつろいを感じ、寒さが厳しくなる中で感じた陽気に春を思い浮かべ、「小春」と言った先人の感性にも驚きますね。今後、晩秋から冬の初めにかけて晴れて暖かい日があったら、この言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-季節

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.