生活

女性の一人暮らしで1階は危険?これだけは押さえたい防犯対策は?

更新日:

女性の一人暮らしでは、1階に住むことが”危険だ”と言われていますよね?しかし、金銭的な理由でやむなく若い女性が1階に住むケースが多いようです。

なぜ女性の一人暮らしで1階は危険なのでしょうか?

その理由を探ると共に、安全に暮らせる防犯対策やグッズについても調べてみました。

スポンサーリンク

マンションの1階は危険なの?他の階との違いは?


マンションやアパートの1階が危険だと言われる理由は非常にシンプルです。

「泥棒や危険人物(変質者)から狙われやすい」

これに尽きます。

犯罪者は大抵マンションやアパートの1階からターゲットを絞ります。

2階以降は鍵が掛かっているのか確認しにくいですし、そもそも登らないと侵入できないので上階は避けられる傾向にあるんですね。

それに比べて1階はオートロックなどの防犯装備されていない場合、容易に玄関まで侵入されてしまいます。

仮にオートロックがあったとしても、不審者の侵入を阻む柵などが無ければ敷地内に入ることは難しくないようです。

マンション・アパートの1階は言わば”犯罪の出入り口”自然に犯罪者の標的になってしまうんですね。

1階のメリットとデメリットは?

では1階に住むことのメリットとデメリットについてみていきましょう。一般的には以下の例が挙げられます。

【メリット】

◆出入りが楽

◆庭付きの場合、色々楽しめる

◆ご近所とのトラブルが少ない(騒音など…)

【デメリット】

◆防犯対策が大変

◆よく虫が出る

◆庭の手入れが大変

◆上階から物が落ちてくることがある

私もマンションの1階に住んだことがありますが、ご近所付き合いは非常に楽でした。

“エレベーターで2人きり”なんて気まずい状況はなかったですし、足音などの騒音トラブルも皆無でしたね。

デメリットも色々ありましたが、やはり怖いのは防犯面です。

カーテンを閉めなければ、「外から家の様子が丸見え」なんてケースもザラにありましたね…

男性ならまだ我慢できそうですが、若い女性の場合は神経を使うことは間違いないでしょう。

これだけは押さえたい!女性の一人暮らしの防犯対策

トラブルに巻き込まれないためには、日頃の防犯対策が非常に重要。

一般的な女性の一人暮らしの防犯対策についてまとめてみました。

ポイント

◆ドアガード・チェーンを必ず掛ける

◆鍵を交換する(別の合鍵を作る)

◆盗聴器の有無を調べる

◆防犯アイテムを装備する

◆洗濯物を外に出さない(女性物の下着etc…)

◆フルネームの表札を掛けない

◆ポストに鍵をつける



これをみると、普段の防犯対策はもちろん“一人暮らしを相手に悟らせない”ことが重要だと分かりますね。

犯罪者は女性の一人暮らしの特徴を頭に入れています。

例えば「公共料金をコンビニで支払う」という行為は一人暮らし女性の代表的な行動の1つだそうです。

この場合、支払いは自動引き落としにするなどの工夫が必要ですね。

いちいち対応するのが面倒だな~と思う方は防犯グッズだけでも揃えておいた方が良いでしょう♪

今では色んな機能を装備した防犯グッズが販売されていますし、最低カバンに1個は入れておいて損はないと思います。

-生活

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.