初詣

最上稲荷へ初詣で駐車場と混雑しない時間帯は?出店おみくじ情報も!

更新日:

最上稲荷へ初詣で駐車場と混雑しない時間帯は?出店おみくじ情報も!

最上稲荷(さいじょういなり)へ初詣に行った際に気づいたこと、注意点などの体験談の口コミです

最上稲荷の駐車場・アクセス・混雑状況・出店の時間・おみくじについての体験談をまとめました。

スポンサーリンク

最上稲荷の駐車場や収容台数は?

初詣に行った人の口コミです

神社には有料で約5000台の民間駐車場がありますが、1日は特に駐車待ちの車が行列するので駐車までに1時間~1時間半は待つと覚悟してください。

私は2日の午前6時頃に参拝しましたがその時間帯は比較的待ち時間は少なくスムーズに駐車場まで行く事ができました。

待ち時間を無くしたいのであれば、1日よりも2日の午前中特に早い時間がおすすめです。ただ帰りは信号と踏み切りがあるので少し混み合います。その信号と踏み切りを抜ければ、スムーズに帰路につけます。

1月1日の午前8時半頃に行きましたが帰りは駐車場も満車状態だったので、待ちになることもありそうです。

スポンサーリンク

初詣の渋滞情報、交通規制はある?

初詣に行った人の口コミです

周辺道路は警察の交通規制が入るので、1日は特に道の進みは遅いです。神社までの道のりに踏み切りがあり、信号も短いので、なかなか進みません。

周辺に5000台収容の民間駐車場がありますが、こちらは午前9時ごろには満車になってしまうので、出て行く車を待つので道路が渋滞します。駐車場から約2キロ前の時点では確実に渋滞し午後になるともっと先から渋滞になるので予定の時間より1時間ほど長くかかると思っていた方が良いです。

混雑状況は高速道路の降り口前から渋滞していました。インターを抜けてからも車が渋滞していたので、早めに行くか遅めに行くかをお勧めします。

*交通規制など最新の情報がわかり次第追記します。

最上稲荷(さいじょういなり)までのアクセス

車の場合

お車でのご参拝
各方面から岡山自動車道・岡山総社ICより約5km、車で10分。
国道180号線を岡山方面へ大鳥居を目標に。
周辺に5000台収容の民間駐車場有り。
境内には身体障がい者駐車場(4台)があります。

列車でのご参拝

JR岡山駅から
・ 運動公園口(西口)より約15km。タクシーで20分。
・ JR桃太郎線(吉備線)で備中高松駅下車、約2km。タクシーで5分。

引用:最上稲荷

おすすめの移動手段

バスで行く手段はありません。電車でも行けますが、最寄りの駅からは徒歩では40分ほどかかります。

タクシーでも行くことはできますが、帰りの時にタクシーが来るのをだいぶ待たないといけないので、おすすめはできません。

最上稲荷に行くには車がおすすめです。

最上稲荷への初詣で混雑しない参拝時間は?

初詣で混雑しない参拝時間を口コミから調べました

2017年1月2日の午前6時頃に、岡山県の最上稲荷に初詣に行きました。地元なので毎年初詣に行っています。1日だと、やはり人が多いので参拝までに2時間くらい待ちました。2日の午前中だと、30分もかからずに参拝する事ができます。

参道には屋台が出ていますが道も狭く、参拝客や屋台待ちの客で人があふれかえっています。

1日は特に人が多いため参拝までに時間がかかります。2日以降は屋台もお休みのところがあり、参拝客も少ないのでスムーズに参拝する事ができます。

 

2018年1月2日の午前10時ごろに岡山県の最上稲荷に初詣に行きました。小さい頃から家族と親戚みんなで毎年行っており、今年もすごい人の数でとても混雑していました。

駐車場から境内に行く道は何通りかありますが、坂を登らないといけなく、道幅も広くはないのでピークの時にはゆっくり進むことしかできず、境内に着くまでに20分程かかることもあります。
車道を通る道もあるのですが、民家が近いので車が何度か通り注意しながら行かないと危ないです。

 

2017年1月1日の午前8時半頃に岡山県の最上稲荷に初詣に行きました。朝の6時くらいに家を出て着いたのが8時過ぎくらいで、参拝は15分ほど待ちました。私たちが帰る頃には人が凄く多くなっていました。

 

1月1日は本当に混んでいます。最上稲荷は地元じゃない人もわざわざ行く場所なので2日、3日も混んでいます。日中は人が多いので朝早い時間か、夕方以降がまだ空いています。

人混みが苦手な方は、2日目以降の参拝がおススメです。小さいお子様がいらっしゃる場合は、1日の人混みだと迷子になる可能性もあるので、人混みが落ち着いている2日目以降がオススメです。

最上稲荷基本情報

住所:岡山県岡山市北区高山稲荷712
電話番号:086-287-3700

屋台など出店は?

お参りが終わり、下に降りて行く道にはお土産屋が両脇に並んでおり、招き猫や置物の店、おせんべいや饅頭などの岡山名物のお菓子のお土産など、種類豊富な店があります。その通りを下まで行くと、広いスペースに何十店もの屋台が出ています。

たこ焼きやうどん、りんご飴やクレープなどの食事系や甘いもの系、うどん屋さん、ポテトやイカ焼きなど屋台とお土産、お食事処、また雑貨なども売っています。

今年の屋台はお肉の店が多く、行列ができていた記憶があります。私は焼き小籠包がとても美味しかったです。

2日の午前中は、閉まっている屋台が多いので、屋台を楽しみたい方は1日がおすすめです。

お守り、おみくじ

最上稲荷は毎年すごい数の人ですが、1月5日以降の参拝なら少し減っており、そこまでの混雑もしていないと思います。

境内にはおみくじを引く場所が何箇所もあり、恋みくじや水みくじなど興味を惹かれるものもあり、お子様や女性の方は楽しめます。

お守りも、ペット守りというペットに関したお守りだけを売っている店もあり見た目が可愛くて人気です。

ポイント

・2日の早い時間帯は割と空いています。

・境内までの道のりは坂道で少し距離がありますが、屋台に囲まれているので、お祭り感覚で参拝する事ができます。

・境内が高い場所なので、参拝の後初日の出を見るのに最適な場所です。

・毎年お参りして、御守りを買っていますが、一度も大きな事故、病気はありませんでした。

・受験の年の初詣の時に、絵馬をかけて合格しました。

トイレ情報

トイレは、駐車場と境内の前と境内に何箇所かありますが、だいたい並んでいるので、早めに行っておくことをおすすめします。

注意点

参拝するには大きな階段を登ると行けますが、お賽銭箱の前は大混雑ですぐ横におみくじがありその行列とも交わってしまいます。

毎年この時点で家族とはぐれてしまうのでお子様がいらっしゃる方は必ず目を離さないように気をつけないといけません。

-初詣

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.