生活

梅雨でカビが生えてしまった!掃除と除去の仕方は?

更新日:

梅雨のムシムシは人にとっては嫌な季節ですが、カビにとっては好都合の季節になります。

ふと気が付くと黒いカビが・・・ビックリしますよね。

私も畳と窓のサッシ、靴箱のカビには困ってしまいました。

そんな生えてしまったカビ!どう掃除すればいいのか?

また除去の方法も私の体験も含めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

うっかりしてカビが・・

出典:写真AC

何だか毎日忙しくてバタバタしていると、小さなカビには気付きにくいですよね?

そして、ふと下を見るとカビが広がっていてビックリすることが多々あります。

また、梅雨時期にはどうしても部屋干しが続きます。湿気プラス湿気で窓辺には結露が見られ、和室だと窓に近い畳が濡れていることも・・。

そしてそこには黒いカビが生えていたり、このように出来てしまったカビは取り除かなければ、どんどん増えていってしまいます。

カビの除去方法は?

なるべく小さいカビのうちに除去することが大切です。しかし、気付く頃には増えていますよね。

畳などは増えるとなかなか落とすのが大変なので、なるべく大きくなって増える前に徹底的に除去しましょうね。

ポイントは、「まずカビを落とす」、次に「殺菌(除菌)する」です。どちらもしっかりすることが大切です。

掃除方法は?(部屋・衣類など)

出典:写真AC

まず、どの場合も掃除の前に換気をしっかりすることが大切です。

室内でカビを発見した時にはすでに空気中にカビ胞子が浮遊しています。

また、掃除機を使用する際はカビの胞子を放出していることがあるので、換気をすることで空気の入れ替えをするようにしましょう。

掃除方法はシーンによって変わりますが、お部屋の畳やフローリングの場合は、濡れ雑巾の使用は注意して行うようにしてください。

びちょびちょの雑巾だと、湿気でカビが増殖する可能性があります。

また、最初から雑巾をかけてしまうと、目地にカビが入り込んでしまい、ますます取れなくなってしまいます。

まず初めに、ドライシートで拭き取った後に掃除機をかけます。

その後、固く絞ったもので水拭きし、ドライヤーなどでしっかり乾かしてから除菌してください。

畳の場合は天日干しがお勧めされているのですが、私にはその余裕がなかったので、ドライヤーで行いました。

その場にいなければならなかったので少し手間はかかりましたが効果がありましたよ。

カビを取り除いた後は除菌すると効果的です。エタノールをスプレーします。エタノールはカビのタンパク質を除去してくれる効果があります。

無水エタノールを80%に薄めた消毒用エタノールが薬局などで売られています。冷蔵庫にも使えるので一つあると便利ですよ。

そして次に衣類についてですが、こちらも換気をおこない、衣類用ブラシなどで軽くブラッシングして落とします。

その後、エタノールを含ませた布やタオルでトントンと叩くようにしてカビを除去します。

その後、天日干しや風通しのよい所でしっかり乾燥させてください。

クローゼットや押し入れはどうしても風通しが悪いので、普段から換気するように心がけることがポイントです。

カビは湿度、温度、栄養、酸素の4つが揃うと繁殖します。その条件を抑えることがカギとなります。

酸素を抑えることは難しいのですが、湿度、温度、栄養(ほこりなどの汚れ・食べ物のカス)は気を付けることで防ぐことができます。

換気をしっかりして、空気と湿度が溜まらないようにする、掃除も定期的にして事前にカビを防ぐことが一番です。

高温多湿の日本ではカビを防ぐことはできません。今回ご紹介した方法でカビと上手に向き合っていってくださいね。

-生活

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.