行事

正月飾りで縁起の良いものといえばしめ縄!その意味と由来とは?

更新日:

年明けには、家の玄関や車にしめ縄やしめ飾りをしているのをよく見かけますね。

新年の縁起物というのは何となくわかるけれど、意味や由来まではよく知らない方も多いと思います。いざ買いに行ってもたくさんの種類があって迷ってしまいます。

今回はその由来や種類、いつ頃まで飾るとよいのかについて調べてみましたのでぜひご覧になってくださいね。

スポンサーリンク

しめ縄の意味と種類、由来は?

 

しめ縄は注連縄・七五三縄とも表記でき、「現世と神々の世界の結界」の意味があります。縄をかけた内側は神聖に保たれ、神様がいらしてもよい場所となるのです。

その由来のひとつとされているのが次の日本の神話といわれています。

太陽の神様である天照大神は弟の須佐之雄命のふるまいに怒り、天の岩屋に隠れてしまい、世界が暗闇に包まれます。

これに困った八百万の神様たちは岩屋のそばで酒を酌み交わしたり踊ったりします。

その騒ぎに様子を見に来た天照大神が岩屋から出たときに、戸をふさぎ縄で囲い、二度と逃げ込めないようにしたというものです。

飾る時期や飾り方を徹底解説!

縄そのものはしめ縄といい、それに願いを込めた飾りを付けたものをしめ飾りといいます。

しめ縄を飾るのは神様が宿るとされる場所です。神社の大きな木や岩などが縄で囲われているのを見た記憶がある方もいらっしゃるかもしれません。

しめ飾りもしめ縄と同様に、その場所が神様を迎えるのにふさわしいことを示す意味合いを含んでいます。

また、神様が外へ出て行ってしまわないようにという考え方もあります。

なお、しめ飾りには次のものがあしらわれているのが一般的ですがそれぞれに願いが込められています。

・裏白:葉がしだれることを齢垂るにかけるとともに葉の裏側が白いことから 「心を潔白に、長寿でありますように」

・ゆずり葉:若葉が伸び古い葉が落ちるのを繰り返すことから 「家系が絶えず続いていきますように」

・橙:橙が代々に通じ、冬を過ぎても実を長くつけていることから 「代々子孫が繁栄しますように」

飾る場所については、現在は縁起物として玄関や戸口に飾る家が多いです。昔は水場やかまどなど家の中でそれぞれの神様が宿ると考えられていた場所にも飾っていたようです。

邪気を祓い、歳神様を迎える準備のひとつなので、各ご家庭で大切な場所に飾り、一年を無事に過ごせるようにしたいですね。

いつまで飾るのがベスト?正月飾りの期間とは?

飾る時期は年が明ける前の12月25日~12月28日頃がよいとされています。

12月29日は苦につながると考えられるため避けます。

また、12月30、12月31日に飾るのは「一夜飾り」といわれ、歳神様を迎える準備を慌ただしくやるのは失礼にあたるとされておすすめできません。

外す時期は松の内頃がよいとされています。松の内とは元々は1月15日頃を指していました。

ですので、関西地方では今でもその頃に外す地域が多い一方で、関東地方では期間が短縮され1月7日頃に外す地域が一般的になっています。

外した後は、どんど焼きを行っていればそちらに出し、どんど焼きのない地域であれば通常のごみとして取り扱うことになります。

その場合きちんと紙で包むか、他のごみと分けて出す方が気持ちよく処分できると思います。

まとめ

しめ縄・しめ飾りについて紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

由来を知ることで単なる縁起物としてだけではなく、歳神様をお迎えする行事として真剣に向き合うことができるきっかけになるのではないでしょうか。

伝統に思いをはせ、一年を新たな気持ちでスタートするのも素敵だと思います。

-行事

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.