季節

日本の習わし?春の七草の意味や覚え方

更新日:

「春の七草」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。

「七草がゆ」の方が馴染みはあるかもしれませんね。

年が明けると、スーパーには、「七草がゆパック」として、春の七草が入ったものが販売されています。

その名の通り、お粥にしていただきます。一種類ずつ買う必要がないため、便利ですよ。

では、七草とはいったい何でしょうか?その意味も含めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

春の七草って何?実は語呂合わせだった?

春の七草ってなに?
春の七草って、次の7種類の植物のことよ

せり・なずな・ごきょう・はこべら(はこべ)・ほとけのざ・すずな(かぶ)・すずしろ(大根)

耳にしたこともあると思いますが、昔から詠まれてきた「春の七草の句」です。

この7つを覚えやすくするために、頭文字を組み合わせたりと、語呂合わせで覚える方もいると思いますが、この七草に関しては、語呂合わせよりも短歌のリズムに合わせて覚えたほうが早いと思います。

上の言葉を数えると、5・7・5・7・7の短歌になっていますね
子ども番組でも短歌のリズムで紹介されてたぞ!
すぐに覚えられそう!

リズムに合わせて詠んで見ると意外とすぐに覚えられますよ。

その春の七草を1月7日の朝に、この七草を入れお粥にしていただきます。邪気を祓い、一年中病気にならないと言われています。

また、お正月のご馳走で疲れた胃を休め、冬に不足しがちな野菜、栄養素を補うという意味もあります。平安時代から始まった日本の風習です。

そして、なぜこの七草になったのかについては、諸説あったり、地方によっても草の種類が異なっているのですが、室町時代に書かれた書物に、水田や畑に生える草として、この七草が登場していたそうです。

知らなかった!実は秋の七草もある

春の七草についてお話しましたが、実は「秋の七草」もあります
いろいろあるんだね

元々は「七草」は秋の七草のことだったそうで、以下の七草を指します。

秋の七草

おみなえし・すすき・ききょう・なでしこ・ふじばかま・くず・萩

こちらは語呂合わせで、「おすきなふくは」と覚えると簡単ですよ。また、秋は食べられるものではないため、鑑賞用になります。

食べられないのか!

春と秋のどちらも、先人の情緒豊かな感性や風習からきています。春の七草のようにお粥にしていただくことで、無病息災を願う気持ちも大事にしていきたいものですね。

年が明けたら、七草がゆを是非食べてみてください。なんとなくホッとした気持ちになりますよ~

-季節

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.