イベント

多治見陶器まつり駐車場とアクセスは?祭りの見どころとトイレ情報

更新日:

多治見陶器まつり駐車場とアクセスは?祭りの見どころとトイレ情報

2019年4月に開催される予定の多治見陶器まつりについて見どころやどんな物が買えるのかなど調べてみました。

スポンサーリンク

開催場所と日程

イベント名称:多治見陶器まつり

開催場所:岐阜県多治見市のオリベストリート

日程:2019年は、(2018年は4/7 4/8)

*詳しい内容が分かり次第追記します。

https://toukiichi-info.com/tajimitoukimatsuri/

イベントの情報は

スポンサーリンク

駐車場や収容台数は?

臨時駐車場が設置され その場所からシャトルバスが出ます。

臨時駐車場はいくつかあり、場所は市で案内されます。

 

多治見陶器まつりまでのアクセス

駅より徒歩15分程度、またはシャトルバスが随時運行されます

 

車の場合

 

電車の場合

 

交通規制あり

http://www.city.tajimi.lg.jp/kanko/event2015/toukimatsuri.html

 

 

来場者数、混雑状況は?子供やお年寄りと行って大丈夫?

毎年15万人程度が来場します。混雑はしますが 身動きできないレベルではなく、子供もお年寄りも楽しんで参加しています。

ベビーカーも車椅子も大丈夫です。

多治見陶器まつり見どころ!

多治見は美濃焼で有名な市であり、年を通して小さな陶器フェステバルは、色々な所で開催されます。

その中でも 一番大きく 全国より美濃焼ファンが訪れるのは、この4月の陶器フェステバルです。

織部ストリートと呼ばれる多治見市の観光地でもある場所で開催されます。

全国的に知られているわけではありませんが 1ヶ月前ぐらいには、市の周辺にあるホテルは予約でいっぱいになるぐらいです。

メインはなんといっても 美濃焼がずらりと並び展示販売されているところです。

最近では 若手クリエーターによる作品や学生による作品も展示販売され、老舗から新規クリエーターまで美濃焼にたずさわる人達が勢揃いするのはこの祭りしかありません。

業務用から家庭で利用するもの 子供食器から一品の掘り出し物までなんでもそろいます。

そしてなんといっても 美濃焼がお安く購入できます。地元の住人達はこの祭り以外で陶器を購入することは滅多にありません。

何が一番楽しいかは人それぞれですが多くの人は普段は高い美濃焼の掘り出し物を探し一品モノを購入する事です。

露店の場合ほとんどのお皿が100円前後から購入できます。

普段は数千円するものも数百円で購入でき 交渉次第では もっとお安くなるため 美濃焼ファンには見逃せないお祭りイベントです。

うなぎが有名

また この祭りの通の人は 必ず老舗のうなぎを食べて帰られます。多治見は実はうなぎで有名です。

昔からの陶器市であったこともあり力仕事が多く 精力を養うためにうなぎを食べる事が多かった市です。

市内にはうなぎの老舗の店が3ー4箇所あり どれもテレビで紹介された事がある名店です。

有名どころは「うな千 」「澤千」 「老鰻亭の魚関」のこの3店でしょうか。

どの店も有名店で過去何度もテレビや雑誌に特集が組まれています。

多治見駅〜陶器祭りのメインストリートであるオリベストリートの道中付近にどのお店もあります。

なかでも私の一番大好きなお店は、うな千です。昔からある老舗のお店。皮はパリッと身はふっくらしており 甘辛ダレが絶妙です。

祖父の代より愛用しているお店であり、どの人も世代を通して通い続けている家族が多いそんなお店です。

このお店に行くといつも並か上のひつまぶしを注文します。値段は3000〜4000円の程度。

リーズナブルとはいきませんが この値段を出しても食べたくなる事は間違いなしです。

うな千のホームページはこちらです。http://unasen-tajimi.com/

そしてどのお店もこの織部ストリート中心にあります。

多治見のうなぎはカリッと焼いて甘辛ダレにつけて またカリッと焼いて食べます。

陶器祭りに参加した後にうなぎを食べて帰るという楽しみ方が この陶器祭りファンの楽しみ方です。

地元のご当地商品や東海地区の有名商品も立ち並ぶ

このお祭りでは 陶器関係だけでなく 創造館を中心に地元の銘菓である多治見あられ、多治見の味噌が売られていたり、多治見焼きそばや五平餅が出店されます。

多治見の特徴として 味は濃い目ですが 夏が暑い多治見にとっては その濃い味が 体力増進。一度、試し味をオススメします。

また 東海や中部地区で有名な高山ラーメン、飛騨牛の串焼き、栗きんとん、信州のそばや信州限定ドライフルーツなど様々な飲食店や販売店も出店されます。

大道芸もあり

子供達におススメなのは大芸道でしょうか。

オリベストリート入り口駐車場が会場となり 朝から夕方まで1時間おきぐらいにステージでショーが開催されます。

クラウンサブリミットなどピエロや 風船ショーなど、さらに地元高校生らによるネイルアートなど。

その年、その年で開催される内容は違いますが、老若男女どの世代も楽しめるお祭りになっているのでおススメです。

トイレ情報

オリベストリートの入り口から陶器祭りがスタートしますが その入り口のところに 多治見市産業文化センターがあります。

また オリベストリートをずっと歩き中心部に多治見創造館があり、そのストリートの終わり一歩手前に右側に智結蔵というギャラリーがあります。

その道を右側に向かうとすぐに 多治見市役所・図書館子供情報センターがあります。

中心部である創造館はちょっとした休憩もトイレもできますが、トイレが少なくいつも行列です。

ストリートを歩く前に産業文化センターでトイレをすまし、折り返し地点である子供情報センターで小休憩を含むお手洗いを済ませておくと、空いているので良いと思います。

特に子供連れの場合にオススメな方法です。

少し外れた福祉会館や児童館などでもトイレ休憩ができますので、トイレに困ることは無いと思います。

創造館の隣には警察署もあり 安心して祭りに参加できます。

まとめ

私は子供の頃から家族でこのお祭りに通っていますが大人になった今では美濃焼ファンの1人として、掘り出しものを見つけうなぎを食べて帰るという楽しみ方を毎年しています。

この祭りは美濃焼好きだけでなく 陶器好き コレクションしてる人にも とってもおススメです。

もちろん どんな人にもですが 楽しめること間違いありません。

ぜひ この祭りを楽しんでみてください。

-イベント

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.