行事

七夕の由来とは?小学生にもわかりやすく解説!

更新日:

 

7月の季節行事といえば、七夕ですね。全国各地で七夕まつりなども開催され、短冊に願い事を書く、織姫と彦星などのイメージがありますが、由来や意味はどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

七夕の由来や意味とは?

七夕は“たなばた”もしくは“しちせき”と読むこともあります。毎年7月7日に行われる古くから大切にされている季節行事のひとつです。その由来と考えられているものは3つあります。

1.棚機

“たなばた”と読みます。読み方は七夕と同じですが、神事のひとつである禊ぎ行事の際に女性が身に付ける着物を織るために使う織り機のことを指します。

神事では、神様が祀ってある棚にその着物を供えて、秋の収穫豊作を祈ったりけがれを祓ったりしました。

この行事は仏教の伝来にともなって、お盆の準備として7月7日に行われるように変化してきました。そこから当て字で七夕となったのではないかと考えられています。

2.織姫と彦星の伝説

七夕の季節になると、ひときわ輝く星がベガとアルタイルという星です。

そしてこの2つの星の間にはたくさんの小さい星が帯状になっている天の川があります。

この川をはさんで、2つの星が求め合っているように見えるところから、伝説が生まれたとされています。

小さい頃に絵本や童話で読んだことがある方もいるかもしれませんね。

3.「きこうでん」

中国の行事の名前です。七夕の季節に輝く星のひとつであるベガは裁縫の仕事の星とされているため、この季節に裁縫の上達を祈る風習がありました。

これが日本に伝わって七夕行事として定着したという説です。今でも、芸事などの上達を祈る風習として残っているそうです。

七夕の短冊や飾りの意味

七夕といえば、保育園・幼稚園、小学校などでは笹の葉に飾り付をして願い事を書いた短冊をつけたりするのではないでしょうか。

短冊の由来は、中国の行事「きこうでん」だと考える説があります。

もともと、「きこうでん」は裁縫の上達を願う宮中行事であることから、糸を供えていました。

この行事が庶民にも広まると、当時高級品だった糸のかわりに紙を切って供えたのが、短冊の始まりといわれています。

また、宮中行事だった際に、からどりの葉にたまった露で墨をすり、その墨で梶の葉に文字を書いて笹につるすと書道の腕が上がると考えられていました。

これが日本の江戸時代頃に、短冊に願いごとを書いて笹につるすと叶うというかたちで定着したと推測されています。

また、笹に飾るのは笹がまっすぐ伸びる性質があり殺菌作用があることが神事に適しているとされたと考えられています。

短冊以外の七夕飾りとしては次のようなものが多いですね。実はそれぞれに意味が込められています。

・吹き流し:はたおりの上達
・くずかご:物をだいじにする、整理整頓
・紙衣(かみごろも):着る物に困らない
・千羽鶴:家族がみんな長生きできるように
・巾着:お金がたまる
・投網(とあみ):たべるものに困らない

小学生に説明するには?例文など

お子さんが小学生くらいになると、「七夕ってなに?」などと質問をしてくることもあるかもしれません。

どんなふうに、説明したらわかりやすいのでしょうか。

こどもにもなじみやすい織姫と彦星の伝説をベースに一例を紹介してみますので、参考にしてみてくださいね。

「お空の天の川の近くに神様が住んでいて、機織りのとっても上手な織姫という娘がいました。織姫が成長して結婚相手を探していたときに、農業をしている彦星という男の人と出会いました。

ふたりはひと目で好きになり結婚しましたが、遊んでばかりいて働かなくなってしまいました。

それを見た神様は怒って、ふたりを離れ離れにしました。しかし、ふたりが悲しんでいることを知り、年に1回、7月7日の夜だけ会うことを許しました。

それ以来、ふたりは会える日を楽しみに仕事を一所懸命にするようになりました。」

ここから、“好きなことだけでなく、しなければならないことや自分の役割もきちんと果たさないといけない”ということや“しっかり頑張っていれば、願いは叶うよ”といったことを伝えてあげるのもいいかもしれません。

伝説の話をしながら、ベガとアルタイルの星を一緒に探すのも楽しそうですよね。

まとめ

いかがでしたか?七夕の季節には商店街なども飾り付けがされたりして、雰囲気が盛り上がりますよね。

そんなときに、お祭りのイメージだけでなく、由来も含めて子どもとおしゃべりできたら、より思い出になりそうです。

さらに、七夕アレンジの料理やデザートを一緒に作ったりするのもおすすめですよ。

-行事

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.