ニュース

常人逮捕とは?普通の逮捕とどう違うの?

更新日:

2017年10月福岡県の中学生が常人逮捕されたというニュースがありました。

中学校の男子生徒(14) が男性教員(46)の顔を拳で数回殴る暴行を加え、顔面打撲の傷害を負わせたという事件。

この男性教員は男子生徒を傷害容疑の現行犯で常人逮捕した、というニュースで聞き慣れない言葉に興味を持ちました。初めて聞いたけど常人逮捕ってなに?

スポンサーリンク

常人逮捕って何?

警察ではなく一般人が逮捕状がなく現行犯逮捕することを常人逮捕、もしくは私人逮捕とも言います。

刑事訴訟法

「現行犯人は、 何人でも、逮捕状なくしてこれを逮捕することができる」

の規定により行うことができる。また逮捕した後は

「直ちにこれを地方検察所若しくは区検察庁の検察官又は司法警察職員に引き渡さなければならない」とも規定しています。

常人逮捕の例は?

今回は暴力を振るってきた中学生を教師が常人逮捕しましたが、わかりやすい例を挙げると痴漢をした加害者を現行犯で取り押さえるケースなどが常人逮捕で多いのではないでしょうか?

痴漢をされた被害者や目撃した周囲の人など、警察官でなければ一般人ですからね。

他には最近でいうと7月に徳島県小松島市にある書店で万引きをした女を逮捕した例があります。

この書店では以前から万引きによる被害を把握しており、大よその犯人も特定し警察にも相談をしていたが、証拠が足りないということでグレーだと言われたとのこと。

実際に犯行に及んでいる盗んだ場面をカメラに収めるか、現行確認して現行犯で逮捕するか 、悩んだ挙句に現行犯で逮捕することを決意したとか?

防犯カメラとスタッフを増員、万引きGメンも雇って現行犯逮捕に臨んだそうでなんとも執念を感じますね。

 

常人逮捕するのは非番の警察官がほとんどとも言われてますが一般人でも意外にあるんですね~確かにあまり気持ちがいいものではないでしょうね。

 

常人逮捕と普通の逮捕との違いは?

逮捕には簡単に言って3種類あります

1.通常逮捕(警察が逮捕状にて逮捕すること)

2.緊急逮捕(逮捕状は後でとる)

3.現行犯逮捕(現行犯で逮捕すること)

1と2においては警察がする逮捕です,警察以外が行うと違法になります.

3については警察以外でもOKです。基本的に逮捕という行為は特定の職業のものにしか認められていません。

それ以外の者が逮捕を行うと逮捕罪という罪になります。

しかし例外的に現行犯であれば一般人であっても逮捕することが認められています。

常人逮捕は誰でもできる?メリット・デメリットは?

常人逮捕(私人逮捕)には次の条件を満たす必要があります。

1.犯人が現行犯人、 準現行犯人であること。

2.30万円以下の罰金、勾留、科料に当たる罪の場合(刑法では過失傷害罪・侮辱罪)は犯人の住居、氏名が明らかでなくまたは犯人が逃亡するおそれがある場合。(刑事訴訟法217条)

となっております。 司法警察職員でなくとも一般人でも現行犯人であれば誰でも逮捕できるということですね。

やり方については、取り押さえるということになります。

常人逮捕のメリットは?

目の前で事件が起きた場合警察を呼んでもすぐに来ないので、そういう場合に逃げられないというメリットがあります。

常人逮捕でよくある例を先ほど挙げましたが、痴漢なんかはもたもたしてたら逃げられちゃいますよね。

痴漢をされた被害者が手を掴んでっていう行為も常人逮捕にあたりますね。 しかし勇気ある行動ですよね。

常人逮捕のデメリットは?

常人逮捕は現行犯なら一般人でも逮捕できるとありますが、条件に当てはまらない場合や間違えて取り押さえてしまったなどの場合は罪に問われることもあります。

また常人逮捕すると逮捕手続き書の作成が必要になります。取調室での調書作成に協力しなければならずかなり時間がかかります。

それと一般人では訓練されていないため犯人を取り押さえるのは大変だと思われます。 場合によっては危険が伴い怪我をする可能性もあります。

怪我をしたり負傷をしても保証ありませんから、むやみに捕まえない方が良いかもしれませんね。

できることといえば犯人の服装家人相、事件の状況などをしっかり記憶して警察に通報するのがベストだと思われます。

スポンサーリンク

-ニュース

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.