生活

お月見の由来を子どもにわかりやすく伝えたい!意味を教えて!

更新日:

秋になり、空気が澄んで冷たくなってくる季節に、夜ふと空を見上げると月が綺麗なこと驚きませんか?

また、十五夜になると子ども達が「お月見だ!」と張り切る姿も。さてこのお月見って一体なんでしょう?

お月見の由来を子どもにわかりやすく伝えたいということで意味や由来を調べました。

スポンサーリンク

お月見の意味と由来を子供でも分かるように簡単に!

子どもに「お月見ってなぁに?」と聞くと、「月を見ながら団子を食べる!」と言われました。確かにそうなんだけどね・・・。

「そうなんだけどー、それだけがじゃないんだよね」、とお月見について話をしようとしたのですが、さて、どう説明したらよいものか、困ってしまいました。

お家には行事についての絵本もあるのですが、どうしても旧暦や歴史の話になってしまい、それを子ども達に分かるよう説明するのって難しいなぁと・・・。

そこで、色々調べてまとめてみました。このようにお話しするのはいかがでしょうか?

お月見は十五夜と呼ばれ一年で一番美しい月とされて、昔からみんなに親しまれてきて神様がいると考えられていたの。

そしてお米などの収穫にありがとうの気持ちを込めて、お米を粉にして丸めて満月のように作った月見団子をお供えするのよ

子どもの学年によってもう少し詳しく説明しても大丈夫かもしれませんが、我が家の幼稚園・小学校低学年の子どもにはこれで理解してもらえましたよ。

お月見団子を食べる理由とすすきについて

先ほども少しご紹介しましたが、お月見団子は満月のように団子を丸めてお供えしていました。秋の収穫に感謝し、これからの豊作を願う意味があったそうです。

そして、お月見団子には健康や幸福といった意味もあり、食べると健康で幸せになれると言われていたため、いただいたそうです。

またお月見は「芋名月」とも呼ばれ、さといもをお供えするところもあるようですよ。

ところでお月見の際にお団子とセットですすきも飾られますね。

その理由は元々平安時代に中国の宮廷で行われていた「月を見る会」が日本に入ってきた風習です。

秋の七草(すすき、はぎ、くず、ききょう、おみなえし、なでしこ、ふじばかま)をお供えしていたことから来ているようです。

すすきはお米の稲穂に似ているため、収穫に感謝するためにお供えしたとも言われています。

またすすきには魔除けの力があるとされていたためお供えしたという説もあります。

ちなみに上の写真はうちの子どもが通う幼稚園のお供えです。こちらにもやはり団子とすすきがありますね。

カゴに入っているのは子ども達が育てた野菜たちです。盛り盛りですよね(笑)

収穫にもちゃんと感謝しているようです。

2018年の十五夜はいつ頃?

出典:写真AC

それでは、2018年の十五夜はいつ頃になるのでしょうか?

十五夜は旧暦の8月15日の夜のことをさします。

しかし、旧暦は月の満ち欠けを基準にし、現在の太陽の動きを基準とした新暦とは1ケ月程ずれが生じるため、実際には9月中旬から10月上旬の間にある満月の夜の日が十五夜となります。

2018年は9月24日・月曜日になります。

小さなお子さんのいるご家庭では、忙しすぎてなかなかゆっくり見れないかもしれませんが、綺麗な満月を見て心が満たされるような、そんな気持ちになれるよう余裕のある生活がしたいものです。

-生活

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.