季節

冬至はやっぱり柚子湯!作り方や入り方は?

更新日:

冬至とは、二十四節気の中で、立春から数えて22番目にあたり、一年でいちばん昼(日の出から日没まで)の時間が短い日をいいます。

おおむね、12月22日ごろを指します。(その年によって21日になることもあります。)

この日を境に、日が長くなるので、「太陽の力が復活する日」という意味で、日本では、「一陽来復の日」とも言われています。

しかし、日が長くなってくると言われても、まだまだ寒いですよね。

そんな冬至と聞くと、柚子湯を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?動物園の猿が柚子湯に浸かる姿もテレビで見ますね。

そもそも、柚子湯は湯舟に柚子を浮かべて入浴する風習で、江戸時代頃から日本で行われていました。
冬至に「柚子湯」に入ると、一年風邪を引かないと言われています。では、どうやって作るのでしょうか?

スポンサーリンク

afanlife-アフィンガーAD1

冬至はやっぱり柚子湯!

柚子湯に入ると、湯上りにポカポカしますよね。匂いも爽やかでリラックスできます。

作り方や入り方を紹介

ゆず湯の作り方は丸ごとそのまま!豪快に入れる家庭が多いですね。よくニュース映像などでありますよね、あんな感じです。

さすがに1個では効果はないと思いますので浴槽に合った数のゆずを浮かべます。

2、3個そのまま丸ごと湯舟に浮かべたり、輪切りや半分にして浮かべたりします。

冬が旬の柚子は香りも強く、それにより邪気が起こらないという考えもあります。

丸ごと2、3個では香りが感じられないため、浴槽の大きさやお肌の状態で数を調整してくださいね。

お肌の弱い人は、量を少なめにして、カットした柚子を木綿袋や排水溝ネットなどに入れることをお勧めします。

もし、ピリピリ感じた時は、湯舟から引き揚げましょう。

木綿袋などに入れると、果実やカスがお湯に出ないので、残り湯で洗濯に使うことができますよ。

切らない場合はフォークなどで穴をあけて入れるのもおすすめです。

冬至は柚子湯の他にもかぼちゃを食べる日

 

冬至は柚子湯に入る他に、「ん」のつく食べ物を食べると「運をよぶ」といういい伝えがあります。

なんきん(かぼちゃ)やれんこん、きんかん、みかん、にんじん、こんにゃくなどです。

また、かぼちゃと小豆を煮た「かぼちゃのいとこ煮」をいただく地域もあります。我が家でも冬至の定番料理となっています。

ほくほくとしたカボチャにトロリとした甘いあんこで身体の中からポカポカになりますよ。

また、冬至の日には小豆を使った「冬至粥」をいただくこともあります。

小豆の赤色は昔から「邪気を払う」と言われているため、冬至粥で邪気を祓い、運をよぶという意味合いがあります。

いずれにしても、冬至の日における昔の人々の思いが伝わってくるようですね。

是非、冬至の寒い日に柚子湯などを楽しんでみてくださいね。

afanlife-アフィンガーAD1

afanlife-アフィンガーAD1

-季節

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.