季節

黄葉の読み方は?意味と黄葉する樹木は?

更新日:

秋の紅葉シーズンになると、山は夏の緑色から一変し、赤く染まった綺麗な姿を見せてくれますね。

紅葉とは、一般的に落葉広葉樹が落葉の前に葉の色が変わる現象のことをいいます。

モミジなどの赤をイメージする人も多いと思いますが、よく見ると赤色だけではなく、オレンジや黄色の色があります。

今回は、その中でも黄色に黄葉する樹木についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

黄葉の読み方や起源

黄葉の読み方は「こうよう」です。

秋になり、落葉の前に葉が黄色くなることをいいます。

イチョウなどが代表的です。ただ、イチョウは広葉樹ではなく特殊な針葉樹とされています。

世界古来の樹木の一つとされ「生きた化石」として紹介されています。

銀杏も採れるし、結構身近にある木なので、そのくらい歴史ある樹木だとは、驚きです。

黄葉の意味やしくみは?紅葉とどう違う?

黄色くなるのは、秋になり、気温が低くなると葉の働きが弱まり、葉緑素(クロロフィル)が分解し、黄色のカロテノイド色素が目立つことでそうなります。

紅葉は葉が赤色に変わることをいいます。

代表的なものはモミジですが、その年の生育条件などにより、黄色くなったり赤くなったりすることがあるため、厳密に区別することは難しいと言われています。

確かに、紅葉シーズンになるとテレビで、「今年の紅葉は赤が濃くて綺麗です」や、「今年は赤や黄色など色とりどりです」など聞いたことがありませんか?

私は昼夜の気温の変化が激しいと色が濃くなると聞いていましたが、それも紅葉の条件のようです。

生き物ですから、毎年同じ色という訳にはいかないですし、毎年違うからこそ、紅葉を飽きずに楽しめるのかもしれませんね。

黄葉する樹木種類は?

それでは、黄葉する樹木にはどのような種類のものがあるのでしょうか?以下にいくつかあげてみました。

・イチョウ:代表的な樹木です。

・ブナ:日本を代表する樹木の一つです。

・アオハダ:若葉は食用できます。

・クロモジ:雌木には黒い実がつく樹木です。枝は高級楊枝の材料となります。

・ウワミズザクラ:樺細工の材料として使用されています。

・イタヤカエデ:イロハモミジとも呼ばれます。

・コシアブラ:山菜でも人気です。

紅葉と言っても実は黄色に色づく「黄葉」もあるというのは見たことはあっても言葉を知らなかった人は多いのではないでしょうか?

色々な色があるからこそ、あの複雑な色を表現でき、見ごたえのある景色を作りだしているんですね。

次に紅葉を見に行った際には、黄色の葉にも注目していただくと、より楽しめますね。

-季節

Copyright© afanlife , 2018 All Rights Reserved.